この星の格闘技を追いかける

【AJJC2018】速報 ライトフェザー級で嶋田裕太が独走3連覇、ルースターは芝本幸司がV2を達成!!

Shibamoto & Shimada【写真】2連覇の芝本と3連覇の嶋田。取り敢えずはムンジアル出場兼を獲得した(C)MMAPLAET

7日(金)から9日(日)まで東京都足立区の東京武道館で開催されているIBJJF主催「アジア柔術選手権2018」。大会2日目となった8日(土)はアダルト黒帯の各階級が行われた。


橋本知之が欠場したルースター級では渡辺翔平が、澤田伸大に最後の最後でガードから腕十字でアドバンを取り、ポイント&アドバンとも同点に追いつきレフェリー判定勝利で、芝本幸司戦へ。ここもリバーサルで2Pを選手した渡辺だが、すかさず追いついた芝本がアドバンでリードし、最後は片羽絞めでタップを奪って2年連続でアジアを制した。

ライトフェザー級は嶋田裕太の独壇場となった。初戦でイ・ギョンサプをクルスフィックスからラベルチョークで破ると、準決勝では平尾悠を20-2で下し、決勝では逆の枠で山田英之をルーチ2つで破った鍵山士門と対戦。山田、鍵山、嶋田は普段からトライフォースで練習し切磋琢磨する仲だが、嶋田は鍵山に対して4分33秒でノースサウスチョークを極めて3連覇を達成。鍵山から「練習の時より強い」という言葉が発せられた。

Otsuka vs Yamakiフェザー級では大塚博明が、準決勝で八巻祐を50/50で封じ込めて0-0、アドバンでも0-0ながらレフェリー判定で決勝進出。しかし、決勝では初戦で世羅智茂を襟絞めで破ったトーマス・フランソンに0-15で敗れアジア初制覇とはならなかった。

岩崎正寛、クレベル・コイケが欠場したライト級ではアレッシャンドリ・ファリア、ミドル級はノヴァウニオンのルアン・カルバーリョがトーマス・ミッツを破って優勝。ミッドヘビー級は香港の警察官バイキング、ワン・ウェイチュンがアジア初制覇を成し遂げ、ヘビー級からはATOSが完全制覇。

ヘビー=ルーカス・シウバ、スーパーヘビー=ヴィトー・トレド、そしてウルトラヘビー級では関根秀樹を破ったキーナン・コーネリアスが表彰台の頂点に。オープンクラスはATOS勢がクローズアウト、キーナンがルーカスに勝利を譲っている。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY