この星の格闘技を追いかける

【DEEP85】DJ.taikiが初回のリードを2&3Rのバックテイクで挽回し、横山恭典から逆転判定勝ち

DJ vs Yokoyama【写真】シングルを切ってバックを制すという展開で勝利を手繰り寄せたDJ(C)MMAPLANET

26日(日)に文京区後楽園ホールで開催されたDeep85から、3回戦を中心にリポートしたい。まずは上を目指す横山恭典と、Road to UFC JAPAN期間中以来となる3年振りの勝利を目指したDJ.taikiの一戦から振り返りたい。


<フェザー級/5分3R>
DJ.taiki(日本)
Def3-0:29-28.29-28.29-28
横山恭典(日本)

01小刻みに構えを変えるDJの右の蹴りをキャッチし、テイクダウンを奪った横山は寝技に拘ることなくすぐに試合はスタンドに。横山は右ストレートを当て、サークリングしながらDJの間合いにならないよう戦う。一瞬の交錯でパンチを入れ、強烈な右ローで序盤は横山が試合をリードする。その後もDJの前進に左を合わせ、離れると自ら距離を詰めて右をヒットさせた横山、右ローを叩きこみ優勢を続けた。

02ならばとDJは真っ直ぐに前に出て距離を潰して首相撲から両ワキを差してテイクダウンへ。ケージを背にして耐える横山にヒザを突き刺すが、離れられてしまう。逆に横山がダブルレッグを決め、背中を預けて来たDJにパンチを入れる。立ち上がりDJが胸を合わせて来るところで離れた横山が右ロー、左フックを当てて初回を取った。

032R、初回より距離を詰めたDJに対し、迎え撃つ横山は左を振るうと両足が揃ってしまうシーンが出て来る。自然、サークリングが減りローも見られなくなってきた横山のダブルレッグを切ったDJは逆に右ローを当てるなど、攻勢に出始める。攻撃を見切られつつある横山のサークリングは、攻撃に転じるより離れることに主眼を置かれるようになる。

04またもダブルを切られた横山は、続くシングルもスプロールされパンチを落とされてバックを譲る。DJは後方からパンチを打ち、立ち上がった横山を崩してサイドを取ることに成功。腹ばいになってシングル出た横山に対し、DJがケージを利して立ち上がったところでポイントを挽回した5分が終わった。

05勝負の最終回、両者が積極的に前に出て打撃が交錯するなかで、横山が右を振るいつつダブルレッグに成功する。DJはスクランブルから胸を合わせて立ち上がり、打撃の間合いへ。横山が左リードフック、右ストレートを伸ばし、DJも左や右ローを繰り出し組みにもしっかりと反応していく。圧が強くなったのはDJ、横山も蹴りも織り交ぜて対抗するが姿勢が乱れることも。

06やがてシングルをがぶったDJがバックを制し、横山を離さない。胸を合わせることもできない横山は、前転しDJが真後ろに回ったところでついにガードを選択する。DJは足を捌いてパス、肩固めを狙って逆側に体をスライドさせていく。同時にエビを使って逃れた横山がシングルへ。切ったDJは立ち上がってサッカーボールキック。頭が揺れた横山がガードに戻るが、DJはスタンプを試みる。

その足を掴んで上を取り返そうとした横山が、DJの背中に乗ったところでタイプアップに。勝負所でシングルを切っただけでなく、がぶりに切り替えてバックを制したDJが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY