この星の格闘技を追いかける

【ONE74】サゲッダーオ、テイクダウンを許すも左ミドルがムエタイ的に評価されて判定勝利→が覆る

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
サゲッダーオ・ペットパヤータイ(タイ)
Def.3-0
マー・ジャワン(中国)

サウスポーのサゲッダーオが右手を伸ばして距離を探る。そこから左ストレートで飛び込もうとすると、オーソドックスのジャワンも右のヒジを狙う。サゲッダーオも左ミドルとインローを蹴り、ジャワンはインローを左手で払いつつ、右のロングフックを打ち込む。このインローがローブローとなり、ジャワンにインターバルが与えられる。

再開後、互いにミドルキックを蹴り合うと、サゲッダーオは左のインロー、ミドル、ハイキックを巧みに蹴り分ける。ジャワンが右フックから左フックを返すと、サゲッダーオはしっかりとガードを固めてクリーンヒットを許さない。ジャワンはサゲッダーオのインローを受けても前に出て組みつき、ヒジ打ちを打ち込む。

さらにジャワンはサゲッダーオの蹴りにパンチを合わせ、そのまま距離をつぶして左右のパンチを打ち込む。そしてダブルレッグからテイクダウンを奪うと、ハーフガードでトップポジションをキープする。サゲッダーオは何とかジャワンの上体に組みつこうとするが、ジャワンは身体を起こしてヒジ打ちを落とす。

2R、サゲッダーオが左ミドルを蹴っても、ジャワンは両手を広げてダメージがないとアピールする。ジャワンもサイドにステップしながら、左ミドルに右フックを合わせに行く。サゲッダーオが左ミドル・左ストレートで前に出ていくと、ジャワンは臆することなく右ストレートを打ち返す。

距離を取るサゲッダーオが左ミドルと左ストレート。ジャワンはそれを追いかけて右ストレートを打ち込む。サゲッダーオが左ミドルを蹴っても、必ず右を打ち返すジャワン。サゲッダーオは左インローを蹴ってジャワンのバランスを崩すが、ジャワンはそのままサゲッダーオに組みつく。

サゲッダーオも首相撲からヒザ蹴りを狙うが、ジャワンがサゲッダーオを金網まで押し込んでダブルレッグからテイクダウンを奪う。

3R、サゲッダーオは距離を取ってインローと左ミドル。ジャワンもパンチを打ち返すがクリーンヒットはない。その後もサゲッダーオが距離を取って左ミドルを蹴って、ジャワンにパンチの距離を作らせない。

結局この展開が変わらないまま試合は終わり、判定はサゲッダーオが勝利。テイクダウンこそ奪われたものの、パンチのクリーンヒットを許さず左ミドルを蹴り続けたサゲッダーオがムエタイ的に評価された試合となった。

※試合後、マー・ジャワン陣営の抗議を受けた結果、判定が覆りサゲッダーオはキャリア初黒星を喫することとなった。

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
マー・ジャワン(中国)
Def.3-0
サゲッダーオ・ペットパヤータイ(タイ)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY