この星の格闘技を追いかける

【UFN130】初回にダウンを喫したアミルカーニ、ラバーガードを取るナイトにスプリット判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
マクワン・アミルカーニ(フィンランド)
Def.2-1:29-28.29-28.27-30
ジェイソン・ナイト(米国)

タッチグローブ無しに戦闘開始した両者、ナイトが前蹴りを連続で見せる。ワンツーを繰り出すナイトだが、力が入っているか。そのナイトに右フックを当て、飛びヒザを狙ったアミルカーニ。スクランブルからナイトが引き込んでガードを取る。寝技に付き合わず立ち上がったアミルカーニは右フックを当て、さらに右ジャブを素早く決めた。

離れて左ストレートをヒットさせたアミルカーニは、ナイトの踏み込みに右フックを合わせる。ワンツーからスリーで前に出たナイトをボディロックから倒したアミルカーニは、スタンドで待ち受け、ナイトの蹴りに、「ここを打て」とばかり腹を指さす。そんなアミルカーニに対し、ナイトは右アッパーを打ち込みダウンを奪う。殴られながら立ち上がったアミルカーニだが、ナイトはもう一発右を打ちアッパーを当てると、引き込んでラバーガードへ。さらに三角絞めに移行し、そのままマウント奪取。体を捩じって頭を抜いたアミルカーニだが、初回を落とした。

2R、ナイトは右ミドルを入れ、「アゴが弱いボーイ」とアミルカーニを挑発する。アミルカーニの飛びヒザは距離が合わず、ナイトは関節蹴り、前蹴りを繰り出す。互いにローを蹴り合うと、アミルカーニが右を当てる。アミルカーニの右アッパーにナイトも右フックを打ち込む。右を当てて前に出たナイトは、アミルカーニのテイクダウンに迷わずガードを選択。逆にトップを嫌がったアミルカーニが立ち上がる。

ブレイクが掛かり試合がスタンドに戻ると、ナイトは右フックをヒット。アミルカーニは組んでボディロックテイクダウン、そのままサイドを取る。ケージを蹴り、ラバーガードに入ったナイトは、オモプラッタ狙いも、真正面からは仕掛けることができず、ヒザ十字に切り替えたところで、鉄槌を落とされラウンド終了となった。

3R、アミルカーニのダブルレッグに倒されたナイトが、ここもラバーガードを取る。クローズに戻したナイトの三角絞めを察知したアミルカーニだが、直後にラバーガードに捕まる。しかし、ナイトはレフェリーが攻めていないと判断しブレイクを命じられる。

残り2分で試合はスタンドに戻ると、ナイトは右フックをヒット。直後に組みついたアミルカーニがバックに回ると、ナイトは前転から足関節を狙いつつガードを取る。パウンドを1発被弾したナイトが、またもラバーガードへ。クローズドに戻したナイトをパスしたアミルカーニは、足を戻されてもトップをキープしたままタイムアップを迎えた。

結果、スプリットでアミルカーニが勝利。下を好むナイトも、納得した表情を浮かべた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF