この星の格闘技を追いかける

【UFN128】試合結果 K太郎、マーチンに判定負け。ケビン・リーがバルボーサをTD&パウンド漬け

UFN128【写真】メインで勝利したケビン・リー、そしてオープニングバウトに出場したK太郎は判定負けに(C)Zuffa LLC/Getty Images

20日(土・現地時間)、ニュージャージー州アトランティックシティのボードウォーク・ホールでUFC Fight Night128「Barboza vs Lee」が開催された。

佐々木憂流迦の試合が直前でキャンセルとなった同大会に日本から出場した中村K太郎は、トニー・マーチンの堅実な打撃に苦戦を強いられた。これまでは殴られて殴るという戦い方だったマーチンが、K太郎の打ち終わりに右ストレートを合わせるという慎重な打撃戦を見せる。さらにテイクダウンも耐えるのではなく倒れながらギロチン、もしくはアームロックからスイープを仕掛けるという戦略を実行し、切り崩せなかったK太郎はフルマークの裁定で敗れた。

メインでは体重1ポンド・オーバーのケビン・リーがテイクダウンからのパウンド攻撃でエジソン・バルボーサを圧倒し、いつストップが入ってもおかしくない攻勢を続けた。バルボーサも3Rに意地のスピニングバックキックであわや奇跡の大逆転という場面に持ち込むも、ここもテイクダウンで凌がれ最後はドクターストップで敗れた。

この他アルジャメイン・ステーリング、ダニエル・フッカー、ライアン・ラフレアーらが持ち味を発揮して勝利を掴み、デヴィッド・ブランチは右オーバーハンド、シアー・バハドゥルザダは右前蹴りを決めてKO勝ち。マラブ・デヴァリシビリは試合終了後にギロチンで落ちていたと判断され、終了時にタップはなく、足をばたつかせていたにも関わらずリッキー・シモンにTKO負けを喫している。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=リッキー・シモン×マラブ・デヴァリシビリ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=デヴィッド・ブランチシアー・バハドゥルザダ


UFC Fight Night128「Barboza vs Lee」
<157ポンド契約/5分5R>
○ケビン・リー(米国)5R2分18秒
TKO
詳細はコチラ
×エジソン・バルボーサ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○フランキー・エドガー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×カブ・スワンソン(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ジャスティン・ウィリス(米国)3R
判定
×チェイス・シャーマン(米国)
<ミドル級/5分3R>
○デヴィッド・ブランチ(米国)1R2分30秒
KO
詳細はコチラ
×チアゴ・マヘタ(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○アルジャメイン・ステーリング(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ブレット・ジョンズ(英国)
<ライト級/5分3R>
○ダニエル・フッカー(ニュージーランド)1R3分00秒
KO
詳細はコチラ
×ジム・ミラー(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ライアン・ラフレアー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アレックス・ガルシア(カナダ)
<バンタム級/5分3R>
○リッキー・シモン(米国)3R5分00秒
TKO
詳細はコチラ
×マラブ・デヴァリシビリ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○シアー・バハドゥルザダ(オランダ)2R2分40秒
KO
詳細はコチラ
×ルアン・シャガス(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○コリー・アンダーソン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×パトリック・カミンズ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○トニー・マーチン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×中村K太郎(日本)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY