この星の格闘技を追いかける

【UFN128】蹴りで腹を効かせたラフレアー、下になっても攻勢を許さずガルシアにフルマークの判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・ラフレアー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アレックス・ガルシア(カナダ)

ガルシアの左に右フックを被せていったラフレアーが、左の前蹴りや三日月気味の左ミドルを繰り出す。腹を蹴られながら組もうとしたガルシアは、これが効いたかがぶられて動きが止まる。立ち上がって離れたラフレアーは腹への蹴りを続け、組んでもヒザをボディに突き刺す。右を差し上げてテイクダウンを狙ったラフレアーが、ケージに押しこまれ手とヒザをマットにつくガルシアの腹に執拗にヒザを入れ続ける。離れた両者、ガルシアは左の蹴りをキャッチしてパンチを振るっていくが、初回はラフレアーのラウンドとなったか。

2R、右を当てたガルシアは直後に左ミドルを蹴られる。ラフレアーはダブルレッグで組み付き、バックに回る。前方に落としたガルシアだが、ラフレアーは立ち上がってヒザ蹴り。そのまま前に出たガルシアがアンクルピックで上を取り切る。バタフライガードを取ったラフレアーが、ケージを背にして立ち上がろうとするが、ガルシアは腰をコントロールして許さず、バックに回り込む。背中を伸ばしつつ、腰をずらしてガードに戻したラフレアーがバタフライスイープから立ち上がると、続くガルシアのダブルレッグ&バックを落とし、トップを奪取する。

ハーフで抑えるラフレアーは肩固めを狙いつつ、パンチをわき腹に入れる。ガルシアのロックダウンに足を抜くことができないものの、ボディに勢いのあるパンチを落としたラフレアーがトップのまま2Rが終わった。

最終回、ガルシアの左フックに組もうとしたラフレアー。これを切ったガルシアは、ラフレアーのミドルに足払い気味のローを決めてトップを奪う。ラフレアーはハーフバタフライで固めると、レフェリーがブレイクを命じ試合はスタンドへ。ガルシアのテイクダウン狙いを切ったラフレアー、左の蹴りをボディに蹴り込む。右を見せて組み付いたガルシアが、アンクルピックで尻餅をつかせラフレアーはハーフネルソンで固める。

足を引き寄せられたまま、ネルソンで固めて腰をずらしたいラフレアー。ガルシアは完全にスタックし、残り45秒でブレイクがかかる。試合がスタンドに戻ると、左ミドルを入れたラフレアーは、ダブルからダックンダーでバックへ。前転からトップを取ろうとしたガルシア、両者が立ち上がったところでラフレアーがヒザ蹴りを見せ、タイムアップに。

結果、ラフレアーがフルマークの判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY