この星の格闘技を追いかける

【Bellator195】試合巧者タイマングロが、ジョー・ウォーレンを2-1で下す

<バンタム級/5分3R>
ジョー・タイマングロ(グアム)
Def.2-1:30-27.30-27.29-28
ジョー・ウォーレン(米国)

いきなり突進を見せたタイマングロに対し、ウォーレンは手をマットについて蹴りを見せる。これをキャッチされ、サイドで抑え込まれたウォーレンだがロールしてスタンドに戻る。直後に組んでケージにタイマングロを押しこんでテイクダウンに成功したウォーレンがトップキープ。タイマングロはケージを使って立ち上がった。

遠い距離からローを入れたタイマングロは、続くクリンチの攻防でテイクダウンを防ぐと右ストレートを打ち込み、ウォーレンの動きが止まる場面も。ケージ際で右を2発、3発とヒットさせたタイマングロに対し、ウォーレンの仕掛けるテイクダウンをことごとく切られる。サウスポーから右フックを当てたタイマングロだが、残り30秒で両ワキを差され、反り気味のテイクダウンを取られ下の状態でラウンド終了を迎えた。

2R、飛びヒザを見せたタイマングロが、左ストレート、右ジャブを当てる。テイクダウン狙いもパンチも、距離が遠く動きが大きくなっているウォーレン。シングルのフェイクから右を当てたウォーレンだったが、直後に勢いのある右フックを被弾する。ヒザ蹴りに右を合わせようとしたタイマングロは、ワンツーを当てローを蹴り込む。左ジャブの差し合いでも打ち勝ったタイマングロ。ウォーレンは飛びヒザを連続して見せる。飛び込むような左フックを当て、ヒザを繰り出すなど疲れているはずなのに、ウォーレンも動きは止めない。

こうなると攻撃している方は怯み始めることが多くなるが、タイマングロも初回ほど手数が多くなくなっていく。テイクダウンを切ってから次の一手に間を置くようになったタイマングロだが、落ち着いてウォーレンの攻撃を見切り流れを譲ることはなかった。

最終回、ウォーレンが左フックを当て、前に出るとタイマングロがサークリングで離れる。右フックを見せて組んだウォーレンだが、バランスを崩しミスから尻餅をついてしまう。すぐに立ちがったウォーレンは、ここも動き続けついには右ストレートを当ててダウンを奪う。タイマングロはエルボーを被弾しながら、ケージ際に移動する。

ここで立ち上がろうとしたタイマングロのバックに回ったウォーレン。胸を合わせてきたタイマングロに対し、上を取り切るとマウントを奪いにかかる、足を戻し立ち上がったタイマングロが、素早く動いでダブルレッグでテイクダウンを取り返す。ウォーレンはギロチンスイープを潰され、スクランブルでバックを許す。胸を合わせた離れた直後に、テイマングロがダブルレッグでまたも尻餅をつかせる。

頭を胸の前に置き、立ち上がることを許さないタイマングロだが、ウォーレンは左を一本差すと、それだけでテイクダウンに成功する。最後に上を取ったウォーレンはテイクダウンを許すという予想外の最終回を終えた。

結果、タイマングロがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday