この星の格闘技を追いかける

【Bellator194】MMAとして低調な一戦は、積極性のハーディーがフラトンに判定勝ち

<57.26キロ契約/5分3R>
ヘザー・ハーディー(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
アナ・フラトン(米国)

まずハーディーが右ロー、左ローをフラトンが返す。組んだフラトンがケージにハーディーを押し込む。ウィザードでヒザ蹴り、続いてギロチンをハーディーが仕掛ける。反対側のケージまでフラトンが押し込んでいくと、ハーディーが再びギロチンのように頭を抱えて鉄槌を入れる。

またも押してきたフラトンに投げを打って崩したハーディーがサイドバックからRNCへ。初回はかなり稚拙なグラップリングに終始した。

2R、ジャブから右フックを放ったハーディー。構えを変えるフラトンの蹴りに右オーバーハンドを合わせたハーディーだが、続く蹴り足をキャッチされてテイクダウンを奪われる。フラトンはインサイドガードに収まり、ケージ際まで移動する。足を捌くフラトンのおぼつかない動きに対し、ハーディーががぶってバックを伺う。

フラトンはアンクルピックで許さず、正座状態のハーディーがアームロックを狙う。ハーディーは鉄槌からパンチを顔面に続け、フラトンの後方へのヒジ打ちにRNCを仕掛けていく。バックマウントの態勢となったハーディーのRNCを乗り過ぎて、落ちそうになる。サイドから絞めを続けるハーディーは、そのまま落とされてフラトンがトップを取る。強引にオモプラッタを狙うハーディーの積極性が目立った。

最終回、ワンツーを入れたハーディーが蹴りにも前に出て右を当てていく。左右のハイから距離が近づくと、組みにいくフラトンがケージにハーディーを押し込んでボディにパンチを打っていく。

ブレイクに苦笑いを見せたフラトンの後ろ回し蹴りにハーディーが組んでいくも、逆にケージに押しこまれてしまう。2度のブレイクが掛かり、離れるとフラトンは蹴りを多用する。接近戦でボクシングスタンスのまま組んで、ドライブするフラトン。またもブレイクが命じられる厳しい試合展開は、フラトンのボディロックに投げを打ったハーディーが、そのままの勢いでリバーサルを許し下になったところでタイムアップに。

1勝1敗と2勝3敗、キャリアそのままを体現した完成度の低いMMAマッチ。女子ならば許されるのか──という戦いははしゃいだ表情を見せるハーディーに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday