この星の格闘技を追いかける

【UFN122】体重オーバーのロランド・ディがウリジブレンから判定勝ち、UFC初勝利

<148ポンド契約/5分3R>
ロランド・ディ(フィリピン)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ウリジブレン(中国)

左ジャブを伸ばす両者、ディがローキックを蹴る。左フックを当てたディは、それでも蹴りを見せながら前に出て来たウリジブレンに左フックを当ててダウンを奪う。下から仕掛けようとしたウリジブレンに対し、ディは離れてスタンドへ。直後にウリジブレンがテイクダウンからスクランブルでバックを制すも、ディが尻をずらして立ち上がる。シングルを続けたウリジブレンは離れた直後に左フックを被弾する。

ディは重いローを蹴り、左ミドルを入れる。ウリジブレンの飛びヒザに館内は沸くが、距離は合っていない。右オーバーハンドを2つ見せたウリジブレンに、ディは左リードフックを狙う。残り10秒でディがダブルレッグを仕掛けウリジブレンが防いだところで初回が終わった。

2R、ディの左フックの直後にシングルレッグでテイクダウンを狙ったウリジブレンだが、スクランブルで逆に下になり、ギロチンもサイドを取られて無効化される。肩口にヒザを当てるディは頭を抜いて、ウリジブレンがブリッジから亀なるが自ら立ち上がる。左ジャブを当てるディは、続いて左エルボー、ウリジブレンが右ローを返す。ディは右から左、そして右ミドルを蹴る。右を当てたウリジブレンだが、ディがすぐに左ストレートを打ち返し打撃戦で優位に立つことはできない。

ディは右も当てて前に出るが、シングルレッグで倒される。即ウリジブレンの胸を蹴り上げてスタンドに戻ったディが右ローを蹴り込む。さらにワンツーを狙ったところでホーンが鳴った。

最終回、ウリジブレンのダブルレッグを受け止めヒザ蹴りを入れたディだったが、ウリジブレンがシングルでテイクダウンに成功する。脇腹へのパンチを落としたウリジブレンはパスを狙い、ディが起き上がる。右を当ててテイクダウンを狙ったウリジブレン。これを切られ、続くダブルレッグはディが身を翻し目標を失ってしまう。

打撃戦でディのミドル気味の蹴りが急所に入ったとして、試合が中断される。再開後、シングルをスプロールしたディが右を当て、左フック、右ハイを蹴っていく。ウリジブレンがシングルレッグからバックに回るも、ディはキムラロックから胸を合わせ態勢を入れ替える。ここで右エルボーを打ち込んだディはウリジブレンのテイクダウンを切って、再度エルボーを当てる。クリンチ合戦のなかでディがエルボーを見せ、ウリジブレンがケージに押し込んだところでタイムアップとなった。

初回にダウンを奪ったディ=体重超過が3-0でUFC初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN