この星の格闘技を追いかける

【Arzalet FGC02】大石はルシアーノにRNCで一本負けも、清々しい鉄人対決

<フェザー級/5分2R>
クレバー・ルシアーノ(ブラジル)
Def.2R by RNC
大石真丈(日本)

左ジャブを伸ばす大石に対し、ルシアーノは左ハイを繰り出す。さらに鋭いローを入れ、サッと距離を詰めてパンチを狙う。スウェイで大石のパンチをかわしてダブルレッグでテイクダウンを奪ったルシアーノは、起き上がった大石をもう一度倒す。大石のガードを割ってハーフになったルシアーノ。大石も足を戻して右腕を差してバタフライへ。

背中をつけた大石に対し、ルシアーノは一本足を抜いてからがぶっていく。バックに回らせない大石はケージを背にして立ち上がる。ここでダブルレッグを決めたルシアーノのパンチの勢いが増していく。手首を掴んで防ぐ大石だったがパスからニーインベリー、そしてマウントを許してしまう。

バックマウントに移行したルシアーノは大石が胸を合わせてくるとオモプラッタへ。大石は足で頭を挟んで腕を引き抜くが、立てないまま初回が終了した。

2R、左ジャブに続き、ローを放つ大石。ルシアーノは距離を詰めてヒザ蹴りから、フックの連打を放っていく。大石も右ストレートを返すが、左右のフックを被弾して頭が揺れる。それでもワンツーで前に出た大石──だったが、ダブルレッグでテイクダウンを取られ起き上がり際に頭を潰されパンチを受ける。

ッチ上がった大石はヒザ蹴りから左ジャブを伸ばし、右ストレートをヒットさせる。プレッシャーを強める大石だったが、左フックを浴びてテイクダウン狙いからガードを強いられる。ルシアーノはパスガードを決めて、クルスフィックスでパンチを連打する。さらにバックコントロールに移行して、拳を入れてからバックマウント。一気にRNCを極めてタップを奪った。

ルシアーノは一旦観客席へ勝利をアピールした直後に、大石の手を挙げる。互いにヒザをついて頭を下げると今度は大石がルシアーノを抱え上げた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie