この星の格闘技を追いかける

【UFN117】ストライカーの真価発揮、朱里がジョン・チャンミに打ち勝つ

<女子ストロー級/5分3R>
近藤朱里(日本)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
ジョン・チャンミ(韓国)

右を打ちながら前に出たジョン・チャンミ。互いに相手の攻撃を見つつ、パンチを交換する。声をあげながら右エルボーを狙ったジョン・チャンミに対し、しっかりと間合いを測る朱里は左ジャブを伸ばす。右をヒットさせた朱里は圧を強め、ショートの右を打つ。走って間合いを外したジョン・チャンミに対し、朱里はダブルの左ジャブ。ジョン・チャンミはハイキックを繰り出し、組みを避けて打撃戦を心掛ける。その打撃で優勢の朱里はジョン・チャンミを追いかける。ヒザを受ける場面もあった朱里だが、ダブルのジャブに続き右を打ち込む。右オーバーハンドの朱里、ジョン・チャンミも右フックを返す。朱里は左ハイから首相撲、手が合うかのような小気味良い打撃戦をリードした。

2R、インターバル中に叫び声をあげたジョン・チャンミが、声を出してパンチを振るう。左か右ロングを振るうジョン・チャンミに対し、朱里はしっかりと攻撃を見て届く距離を打撃を見せる。右クロスを当てた朱里は、下がるジョン・チャンミに右ストレート。MMAに転向して、初めて打撃の攻防を続ける朱里は、打ち合いでの強さを如何なく発揮する。

前に出て右を打ち込む朱里。ジョン・チャンミもエルボーを返す。同じタイミングで打ち合うキックのような試合は朱里の前進、受け止めてジョン・チャンミがエルボー、そして乱打戦という流れに。朱里の首相撲&ヒザにも、エルボーを返すジョン・チャンミ。2Rも殴り合いが続いた。

最終回、なにやら大声で叫ぶジョン・チャンミがワンツー。朱里が右を返す。朱里はパンチだけでなくロー、負け蹴りも駆使するが、ジャッジがどこまで評価するか。スイッチしてワンツーを入れるジョン・チャンミが、ワンツーを打ち込む。朱里は前に出て、流れを譲らない。近藤の踏み込み+パンチのタイミングで、パンチや蹴りを見せるジョン・チャンミ。朱里の右ローでジョン・チャンミの体がよれるシーンも。

常に前に出てプレッシャーを与える朱里はスピニングバックフィストを空振り。アイポークをアピールするジョン・チャンミに、続行を強要いたレフェリー。この辺りの判断は、どうなのか。再開後、朱里が前に出てパンチから左ミドルを蹴り込む。後ろ回し蹴りをボディに入れた朱里は、最後まで前に出続け。ジョン・チャンミも迎え撃つなか、試合はタイムアップに。直後に右の拳を振り上げた朱里が、スプリットとなったがしっかりとUFC初陣で勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie