この星の格闘技を追いかける

【DEEP79】「もう一度カン・サトー選手と戦えるように色々と変えて頑張ってきました」──越智晴雄

Haruo Ochi【写真】年齢差10歳、同じ相手に2度は負けられない越智晴雄 (C)MMAPLANET

16日(土)、東京都大田区の大田区総合体育館で開催されるDEEP79のメインでカン・サトーの持つDEEPストロー級王座に挑戦する越智晴雄。

昨年6月の王座決定トーナメント準決勝で、カン・サトーと戦い有利と見られた試合を落とした彼は、3連勝で挑戦権を掴んだ。計量直後に、明日への抱負を越智に尋ねた。


──計量を終えて、今の体調の方は如何ですか。

「なんか凄く良いです」

──1年2カ月振りの参戦で、リベンジとタイトルが掛かっています。前回は越智選手が有利だと目されていた試合で判定負けを喫しました。

「自分も絶対に勝てると思っていたのですが、試合中は『全然違う。おかしい、おかしい』という感じで戦っていました。そして2Rにダウンをして、巻き返せなくなってしまいました。ホント、色々なことがダメでした。あの負けから、もう一度カン・サトー選手と戦えるように色々と変えて頑張ってきました。このチャンスを掴めたので、絶対に生かしたいと思います」

──前回、カン・サトー選手の何が想定と違っていたのでしょうか。

「パンチが本当に見えなかったです。入ったら、カウンターを被弾して。試合中は何を貰っているのか分からなかったです。それで全てが狂いました。何より、最初に仕掛けられて流れを持っていかれたのも大きかったです」

──つまり考えていた以上に強かったということですね。

「ハイ、予想より全然強くて速くて。舐めていた、本当にダメでした」

──あの敗戦以降、攻めている時、劣性の時も越智選手は集中力が保てるようになったように見受けられました。

「そうですね。最初に出遅れると勝たない。自分から仕掛けることを意識して、戦ってきました」

──他の階級に違わず、いやよりストロー級は低年齢化が進んでいます。

「もう自分はかなり上の年齢で、時間も残されていないです。この試合に賭ける気持ちは相手と比較にならないはずです」

──前回と明日、最も変わった点はどこでしょうか。

「相手を研究していますし、組みはかなり成長しました。やることは決まっているので、それを如何に実行できるかです。愛媛からも応援に来てくれたり、たくさんの人が会場に来てくれるので、必ずチャンピオンベルトを巻いた姿を見せたいと思います」

■DEEP79計量結果

<DEEPストロー級選手権試合/5分3R>
[王者]カン・サトー: 52.1キロ
[挑戦者]越智晴雄: 52.1キロ

<フライ級/5分3R>
和田竜光: 57.0キロ
ランボー宏輔: 56.7キロ

<フェザー級/5分3R>
DJ.taiki: 66.1キロ
芦田崇宏: 66.0キロ

<ミドル級/5分3R>
水野竜也: 83.7キロ
林源平: 84.1キロ

<女子73キロ契約/5分3R>
KINGレイナ: 72.5キロ
キム・ヨンジ: 66.6キロ

<女子ストロー級/5分3R>
藤野恵実: 52.6キロ
べク・ヒョンジュ: 52.4キロ

<女子55キロ契約/5分3R>
村田夏南子: 54.8キロ
奈部ゆかり: 54.5キロ

<ウェルター級>
佐藤洋一郎: 77.55キロ
片平”なぎさ”吉幸: 77.2キロ

<バンタム級/5分2R>
小野隆史: 61.3キロ
CORO: 61.4キロ

<ライト級/5分2R>
大山釼呑助: 70.6キロ
成田五等兵: 69.2キロ

<ライト級/5分2R>
濱村健: 70.5キロ
¥A$U: 70.2キロ

<バンタム級/5分2R>
小林博幸: 61.6キロ
若菜千明: 61.4キロ

<フライ級/5分2R>
島袋チカラ: 56.7キロ
中山ハルキ: 56.9キロ

<フライ級/5分2R>
高橋誠: 57.0キロ
中森祐人: 56.5キロ

<ウェルター級/5分2R>
川中孝浩: 77.1キロ
久保輝彦: 77.0キロ

<バンタム級/5分2R>
柴ニャン: 61.4キロ
統好: 61.3キロ

<ライト級/5分2R>
新里佳彦: 70.4キロ
長谷川魁一: 69.6キロ

<フェザー級/5分2R>
松林佑介: 65.5キロ
木村アビイマクワウ: 65.7キロ

<63キロ契約/5分2R>
碓井健太郎: 62.8キロ
長谷川卓也: ──キロ

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie