この星の格闘技を追いかける

【TUF25】グラップリングで競り勝ったタヴァレスがセオドロを破り、「TDゲームを止めたかった」

<ミドル級/5分3R>
ブラッド・タヴァレス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
アライアス・セオドロ(カナダ)

スラッピーなパンチからローを蹴っていくセオドロ。組んできたセオドロ離れ際に右フックを当て、パンチの交換のなかでタヴァレスがテイクダウンを奪う。バックに回りワンフック、セオドロはシングルに出て立ち上がる。鋭いローを走らせるタヴァレスに組んだセオドアだが、両ワキを差される。セオドアは首相撲からヒザを狙い、離れたタヴァレスが左フックを打ち込む。左のオーバーハンド気味の振りから手刀を入れようとしたセオドロは、左腕を差してケージに押し込もうとする。

タヴァレスはヒザをボディに入れて、右を放つ。蹴りは見せるが、打撃戦で頭を下げるきらいのあるセオドロ、タヴァレスはそこに右ハイを狙い、左右の蹴りに右を合わせた。

2R、鋭い右ローを入れたタヴァレスだが、右ハイの空振りでバックを取られてセオドロがテイクダウンへ。すぐに立ち上がったタヴァレスが逆に尻餅をつかせるも、試合は即スタンドに。ダーティーボクシングからは離れるも、セオドロがクリンチへ。離れて縦ヒジを狙ったセオドロがテイクダウンへ。がぶったセオドロは、マットに手をつくタヴァレスの肩にヒザを入れていく。初回と比較して手数が少なくなったタヴァレスだ。

最終回、即シングルに入ったセオドロは、ボディロックからテイクダウンに成功する。右ヒジをマットに着きケージ際に移動したタヴァレスがスイッチを狙い、スタンドに戻る。セオドロはそのままタヴァレスを金網に押し込み、ダブルレッグへ。首を抱えたタヴァレスをテイクダウンしたセオドロは、スクランブルに持ち込まれるもシングルを狙い続ける。

対してタヴァレスはここもスイッチからバックを狙い、根負けしたセオドロの背中に乗ることに成功する。両足をフックしてRNCを狙うタヴァレス。アゴの上からチョークを仕掛け攻勢点を稼ぐ。さらに前方に落とされながらも腕十字を狙い、ステップオーバーしたセオドロに再びスイッチからバック奪取。

胸を合わせて離れたセオドロ。終盤に激しい動きを見せた試合は、タヴァレスが判定をモノにした。「テイクダウン・ゲームを止めたくて、リバーサルを仕掛けたんだ」と勝者は試合を振り返った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie