この星の格闘技を追いかける

【Shooto】高野明、武田飛翔に組み負けず3-0の判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
高野明(日本)
Def.3-0 :30-27.30-28.29-28
武田飛翔(日本)

サウスポーの武田に右ローを蹴っていく高野。テイクダウン狙いを切るも、武田は腰を引き抜いて上を取る。ケージを背にして立ち上がろうとした高野の足を束ねて跨いだ武田はバックに回るも、振り返った高野がシングルレッグへ。武田はキムラクラッチで耐えるも、バックを許して立ち上がる形に。

胸を合わせた離れた武田はダブルレッグでテイクダウンへ。ケージを背にする高野だが、腰をコントロールされ、足を挙げられて背中をつかされる。立ち上がった武田は、飛び込んでボディロックを狙うも、逆に高野がボディロックで上を取りパンチを落とす。ワキを差して立ち上がった武田に高野は右を伸ばした。

2R開始直後にニータップからテイクダウンを狙った高野、武田は差し返して逆にテイクダウンを狙う。高野もワキを差して耐えると、距離を取り直す。高野はダブルを切ると、右を当てプレッシャーを強める。スピードが落ちた武田は、右ジャブを伸ばす。右を2発入れ、武田の頭をゆれるとさらに右を当てた高野。武田は懸命にシングルを仕掛け尻もちをつかせる。

スイッチから立ち上がった高野に対し、武田も必死を足裏を取りに行く。高野は引き続きいスイッチ、さらにがぶりからバックを狙う。引き込み、背中を預ける失速の武田のバックを制した高野が後方からパンチを入れ、立ち上がった武田にさらに左フックをヒットさせる。武田は真っすぐダブルを仕掛けてきたが、高野がラウンドを支配した。

最終回、武田は左ローも、高野は右を振るって前に出る。そして、ローに左を合わせた高野は距離を詰めていき、左から右を当てる。頭を下げてパンチを受け、組んでいく武田に対し高野はギロチンで捕まえる。正対し逃れた武田だが、高野は右を打ち込み、下がったところでシングルレッグに。

武田は払い腰が崩れたが、バランスを崩した高野からトップを奪取する。バック狙いの武田に頭が残ったシングルを仕掛けバックを取られそうになるが、ここで胸を合わせてトップを取る。スクランブルからシングル合戦、ヒザをついた高野はキムラクラッチを利用してトップへ。武田も起き上がり、右を差してアンクルピックへ。シングルにスイッチした武田を切った高野はボディロックから崩してバックを伺う。ここでタイムアップに。

10-10のある修斗では、高野が取ったか。結果、3-0で高野が判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie