この星の格闘技を追いかける

【KSW39】距離を作れなかった両者、ユルコフスキがソクジュに渋い判定勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
ウカシュ・ユルコフスキ(ポーランド)
Def.2-1
ティエリー・ソクジュ(カメルーン)

サウスポーのソクジュに対し、左回りのユルコフスキが左ローを蹴る。ソクジュはオーソに構えをかえて右ロー。ユルコフスキが姿勢を乱すと、パンチを纏める。離れたユルコフスキは左か右のワンツーに続け左を伸ばすソクジュ、ユルコフスキは右ローから右ハイも空振りに。自らの蹴りでバランスを崩すシーンが多いユルコフスキ、ソクジュともに手数が少ない。両者揃って後ろ回し蹴りを繰り出し、初回が終わった。

2Rになっても自らの蹴りで姿勢を乱すユルコフスキが、ショートのワンツー。ソクジュはフックに前に出て、アッパーを放つ。ユルコフスキも左フックを入れると、ソクジュの動きが鈍る──と思いきや小外掛けを決めてテイクダウン。ハーフからパスし、バックマウントへ。足のフックをといてパンチを入れ、ヒザ蹴りをボディに突き刺すソクジュは、背中を預けたまま立ち上がったユルコフスキを崩すと、パンチを纏める。

ユルコフスキは顔面を真っ赤に染めながらスタンドに戻ると、ヒザをボディに。思い切り右を振るったユルコフスキに組んだソクジュがテイクダウンに成功し、重い右のパンチ、エルボーを落とす。ワールド狙いがすっぽ抜けたところでラウンド終了、ソクジュがユルコフスキを圧倒したラウンドとなった。

最終回、後ろ回し蹴りを見せたユルコフスキが、またも姿勢を乱す。両者、ステップを使い手数が圧倒的に少ないなか、ソクジュの左が当たる。距離を詰めたユルコフスキがフックの連打、組んで押し返しソクジュだが、レンジの外に身を置くユルコフスキのパンチが届く。ソクジュは完全に動きが落ちたもののユルコフスキも決定打はない。そのままタイムアップとなり、スプリット判定でユルコフスキがソクジュを下した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie