この星の格闘技を追いかける

【Shooto】征矢貴にTKO勝利、清水清隆「自分が理想としているMMAが出せなかった」

Kiyotaka Shimizu【写真】勝利後のグループショット。勝って反省は勝のスパイラルだ(C)KAORI SUGAWARA

12日(金)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されたプロ修斗公式戦征矢貴から3RTKO勝ちを収めた清水清隆。


3月大会での再起戦から短いスパンで戦った難敵との試合に勝利できた。そんな清水が安堵の表情を浮かべながらも、試合内容については冷静な自己分析をし、これからについて話してくれた。

──征矢選手にKO勝ち。おめでとうございます。

「ありがとうございます。ホッとしてます。征矢(貴)君は一緒に練習したこともある選手です。練習と試合は全然違いますが、今日の試合では征矢くんの食ってやろうっていう気迫が凄く伝わってきました。

相手の気持ちも強いしパンチも強かったんで、自分としてもギリギリの試合でした。試合中に当て急いでしまって、自分が理想としているMMAがあまり出せなかったので、それが心残りです。もっと練習しないとダメだなと思いました」

──かなりの神経戦で、消耗も激しかったかと思われます。

「そうですね。征矢君は右ストレートや右フックが強いのは分かっていたので、そこを外す作戦は立てていました。ただ、距離の取り方ももっと勉強しないとダメですし、もっともっと力まずに自分がどんどん手数を出して、相手に打たせないようにしないと……今日の試合ではまだ十分に当てられたとは言えないです」

──2Rから清水選手が徐々にペースを掴んでいるように見えました。

「どっこいどっこいですね。お互い一生懸命ですから。自分ではこのままの流れだと負けると思っていました。ただ、ブラフというか、下を見せたら上が来るのはなんとなくわかっていたので、それには引っ掛からなかったです。だから気持ちに余裕はありました」

──前回の試合後はプロセスが良くなかったとコメントされていましたが……。

「一緒です。プロセスが全然良くないです。一方的に打撃でも投げ技でも寝技でも相手をコントロールしないと……うちの親分(TRIBE TOKYO M.M.A代表)の長南(亮)さんにも『お前、何言ってんだよ。全然だよ』って怒られると思います。全然です……」

──目のカットはいつ頃だったのでしょうか。

Shimizu Finish「3RのKOする前ですね。左目が見えなくなって本当にやばいなあって思いながら右を振ったらそれが当たりました。もう必死でした。

ずっと応援してくれた人と後輩(※秋葉尉頼)、祖母が去年亡くなりました。リングインする前に拝む時にはいつもその3人を思い浮かべてリングインしています。そして実際に応援してくれている人たちにも背中を押してもらい、その思いを右に乗せられました」

──6月25日の大阪大会で対戦が決まっている選手たちと戦っていきたいというマイクアピールがありました。

「上位ランカー4位まで(※1位からオニボウズ、覇彌斗、田丸匠、前田吉朗)が出ますよね。前田吉朗さん以外とだったらやりたいです。吉朗さんは自分の試合前にいつも合宿しにきてくれていて、自分にとって兄貴分であり、チームメイトだと思っています。だから、吉朗さんとはやりたくないです」

──活きの良い若い選手と戦って行きたいということでしょうか。

「今日の征矢君も活きがよかったですけど、活きの良いオヤジ狩りじゃなくて……子供狩りですね(笑)」

──なるほど。その辺りも含め、今後の目標をお願いします。

「自分ももう33歳なので、負けたら終わりですからね。でも、この競技が好きで10年以上やっていて、もうちょっと続けたいと思っていたら格闘技の神様が拾ってくれました。これからの目標もそうやって、一日一日を一生懸命生きることです」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie