この星の格闘技を追いかける

【Heat39】詳細<02> ライト級王座決定T準決勝02 バッティングで途中裁定、サントスが岸本に勝利も……

Santos vs Kishimoto【写真】一度はサントスの手が挙げられたこの試合。岸本陣営の抗議により審議中に。サントスが想像以上にタフな選手だったことは間違いない(C)MMAPLANET

9日(日)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場イベントホールで開催されたHEAT39。同大会から始まったライト級王座決定トーナメント。オク・レユンが石川英司を破ったのに続き、ブラジル×日本の国際戦=トム・サントス×岸本泰昭戦が行われた。

<HEAT総合ライト級T1回戦/5分3R>
トム・サントス(ブラジル)
Def.2-1 ※偶発的なバッティングでカットし、2R1分55秒までのジャッジの裁定→審議
岸本泰昭(日本)

Santos vs Kishimoto 01オーソに構えたサントス、岸本はサウスポーから左ミドル、そして右ジャブ&左ストレートを伸ばす。サントスのワンツーにダブルレッグを狙うもスプロールされ、直後の小外刈りもアゴを下から押し上げられて防がれる。

Santos vs Kishimoto 02岸本はその後、シングルを2度切られたが、右を当てられながらも3度目のトライでギロチンを取りに来たサントスからテイクダウンを奪うことに成功する。クローズドガードのサントスがオモプラッタ狙いも、右足首を捌いて対処した岸本はトップを取った状態で初回を戦い終えた。

Santos vs Kishimoto 032R、シングルを切ったサントスに対して、岸本はディープハーフからリバーサルを狙う。サントスは岸本を跨いでマウントを狙いつつ、反時計回りに体を起こしてくるタイミングで、左手で自らの右足首を掴み──下になりつつ三角絞めへ。

Santos vs Kishimoto 04すぐに岸本はジャンプしてスラム。ここでサントスは足を組み直して、三角クラッチにとる。岸本は頭こそ下がっているがサントスの頭の方に体重をかけ、仕掛けをルーズにしていく。岸本は気道も確保できているが、クラッチが切れない状態でサントスが腹ばいへ。

Santos vs Kishimoto 05サントスは足をすくいに行くも、岸本は右ヒザを臀部に押し付け、まま頭を抜いて担ぎパス。岸本がサイドに回ろうとしたところで、レフェリーがブレイクを命じる。スラムの反動で両者の頭が当たり、左目尻をカットした岸本は試合続行不可能に。

偶発なバッティングということで、試合が止められた2R1分55秒までの内容をジャッジが裁定し勝者が決まることとなり、ジャッジ3者のうち2名がサントスの勝利を支持。大喜びの勝者とは対照的に岸本はヒザに手をやってうなだれる。

バッティングという局面を除き、初回の岸本のテイクダウン&トップコントロールよりも、2Rの三角絞めを攻勢と判断したということか。ただし、あの三角はクラッチこそ組めていたが、足の組み方は縦気味に組まれておらず、腰の位置も高かったことで極めとしての効果は少なく感じられる。

三角を評価するのであれば、ディープハーフからの攻防のなかで三角という形で流れをコントロールしたケージ・ジェネラルシップであり、決してサブミッションの効果ではないはず。とすれば、担ぎパスの時点でタイムは止っており、ポジション的にはサントスは不利な形で試合を終えることとなっているのだが……。

テイクダウンを切った、サブミッションの形に入ったという視覚的評価が、ケージの中の実務的効果を上回る。HEATの裁定基準がそうであれば、この敗北も致し方ないが、岸本陣営=コブラ会は正式に裁定に抗議し、現時点で審議中とのことでサントスの白星は事実上、暫定勝利となっている。


■HEAT39 その他の試合結果

<ISKA世界ライト級王座決定戦/3分5R>
皇治(日本)
Def.3-0:50-45.49-46.48-47
モハメド・ブールフ(ベルギー)

<HEAT総合ミドル級選手権試合/5分5R>
エンリケ・スギモト(ブラジル)
Def.2R2分37秒by TKO
辰巳豪人(日本)

<HEAT総合ライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
アラン・ボドウ(フランス)
Def.2R3分23秒by KO
増田裕介(日本)

<HEAT総合ライト級T1回戦/5分3R>
オク・レユン(韓国)
Def.3-0
石川英司(日本)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R+ExR>
プリンス・アリ(イラン)
Def.1R1分37秒by TKO
笹田勝俊(日本)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R+ExR>
ジュリオ・モリ(ブラジル)
Def.3-0:30-26.30-26.30-27
山下力也(日本)

<キック・72キロ契約/3分3R+ExR>
Tomo(日本)
Def.2R2分25秒by KO
田中STRIKE雄基(日本)

<キック・ライト級/3分3R+ExR>
般若HASHIMOTO(日本)
Def.2R0分56秒by TKO
ダイスケ(日本)

<キック・女子57キロ契約/3分3R+ExR>
鈴木万李弥(日本)
Def.1R1分13秒by KO
キム・ヒジョン(韓国)

<総合ストロー級/4分2R>
猪原聖太(日本)
Def.1R0分07秒by TKO
岡部克己(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie