この星の格闘技を追いかける

【LFA02】計量終了 MMA界のNCAA目指す、LFA。第2大会に堀口恭司と対戦したカムス登場

19日(木・現地時間)、明日20日(金・現地時間)にネソタ州プライアーレイクのミスティックレイク・カジノホテルで開催されるLFA02「Richman vs Stojadinovic」の公開計量が行われた。

Legacy FCとRFAが合体し、年間45イベントの開催を目指すLFAは旗揚げ戦に続き、2週連続の大会となる。現在、作成中のオフィシャル・ホームページに『我々はMMA界のNCAAになる』と明言するなど、UFCへ人材を送り出すことをプロモーションの色として明確に打ち出しているLFAの第2回大会のメインは、マイク・リッチマンとレザー・ストヤディノヴィックのフェザー級戦だ。

リッチマンはBellatorで12試合を戦っており、いってみればプロ野球からノンプロに戻って、再度上を目指すという形か。またセミでデリック・マイナーと対戦するチコ・カムスは一昨年のUFC日本大会で堀口恭司に敗れUFCをリリースされ、その後はRFAで2連勝を飾っている。この辺りは人材発掘の身ながら、Resurrection=復活というRFA時代の特色も残しているLFAだ。


■ LFA02 計量結果

<フェザー級/5分3R>
マイク・リッチマン:145.2ポンド(65.86キロ)
レザー・ストヤディノヴィック:145.6ポンド(66.04キロ)

<バンタム級/5分3R>
チコ・カムス:134.8ポンド(61.15キロ)
デリック・マイナー:136.2ポンド(61.78キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ベン・ノイマン:170.6ポンド(77.38キロ)
ダミオン・ヒル:168.4ポンド(76.39キロ)

<ライト級/5分3R>
ボビー・リー:155.6ポンド(70.58キロ)
マシュー・マーシュ:155.2ポンド(70.40キロ)

<ライト級/5分3R>
ブランドン・ジェンキンス:155.8ポンド(70.67キロ)
ビリー・クリスティアンソン:158.2ポンド(71.76キロ)

<バンタム級/5分3R>
ミッチ・ホワイト:135.8ポンド(61.60キロ)
ロイド・マッキニー:135ポンド(61.24キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
リンジー・ウィリアムス:116ポンド(52.62キロ)
ギャビー・ロメロ:121.2ポンド(54.98キロ)

<ライト級/5分3R>
ベン・ロックン:155ポンド(70.31キロ)
クリス・ミックル152.4ポンド(69.13キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie