この星の格闘技を追いかける

【Top FC13】長身ウィル・チョープを寄せ付けず、ホン・ソンチャンがフルマークの判定勝ち

LINEで送る
Pocket

<ライト級/5分3R>
ホン・ソンチャン(韓国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ウィル・チョープ(米国)

身長差22センチ、テイクダウンのフェイクから左フックを入れたホンは足を触って殴っていく。そのまま距離を詰めてケージにチョープを押し込むと、ホンがダブルで抱え上げてテイクダウンに成功する。フルガードのチョープから右足を抜いたホンのパスに合わせてチョープがキムラロック。足が掛からず、ホンが頭を越えて回り込んで逆サイドへ。

ホンはキムラに取られると、上四方に回りノースサウスチョークへ。タイトに入ったようにも見えたがチョープは体を捩じってスクランブルへ。そのまま立ち上がったホンがダブルレッグで倒していく。ホンはサイドを取ってしっかりと抑えると細かいパンチ、ヒザ蹴りをワキ腹に入れる。クルスフィックスで固めたホンが右のパンチを連打し、エルボーへ。さらにバックからパンチを入れ、立ち上がり際に思い切り右フックを入れたホンが初回を取った。

2R、チョープは前蹴りもホンの右フックに下がってしまう。強烈な右ローを入れたホンは、再び右を入れる。チョープも右を返し、右ロー。ホンは左を見せてダブルレッグ。チョーオプはギロチンを狙うが、すぐにサイドを許し頭が抱える形になる。キムラ狙いのホン、チョープはショーツを掴むが、レフェリーが流す。

初回同様、クルスフィックスを取ったホンがパンチを連打すると、チョープはケージウォークから足を絡ませ、糸通しを狙う。腕を振り払ってサイドを取ったホンだが、何とレフェリーブレイクを命じる。試合がスタンドに戻るとホンが右を当て、チョープが右前蹴りを繰り出す。ホンは飛び込んだ左フック、思い右ローを入れる。チョープも前蹴りを返すが、ホンが2Rも取った。

最終回、やや様子の展開となりホンは無理に攻めることはない。それでも強烈な右ローを蹴り込むと、右を見せてダブルへ。肩を大きく抱えて前方に落とす。ガードの中から細かいパンチを落とすホンに対し、チョープは反撃の糸口すらつかめない。終盤、試合がスタンドに戻るも決定打はなく、タイムアップに。

結果は当然のように3-0でホン・ソンチャイが勝利した。


PR
PR

関連記事

Movie