この星の格闘技を追いかける

【PXC54】TOP FCフェザー級王者イ・ミングがTKO勝ち、PXCデビューウィンを右ローで飾る

<フェザー級/5分3R>
イ・ミング(韓国)
Def.2R by TKO
トニー・レイジェス(グアム)

TOP FCフェザー級王者イ・ミングがPXC初陣を迎えた。右ハイを放っていったイ・ミング、続いて強烈な右ローを蹴り込んでいく。さらに右ストレートから左フック、レイジェスもワンツーを返そうとするがイ・ミングがバックステップでかわす。右ストレート、右ローをヒットさせたイ・ミングのミドルでレイジェスが尻餅をつく。

これはダメージでなくバランスを崩したようですぐに立ち上がるも、またも右ストレートを被弾する。右ローを受けていたレイジェスは、構えをスイッチし前足を左から右に代える。イ・ミングの攻勢は続き、右ハイキックをガードの上から蹴り込む。左ヒザをボディに突き上げたイ・ミング、ワンツーから右ローでレイジェスがケージに詰まる。さらに前に出てきたところで右ストレートをヒットさせたイ・ミングは要所で左右のローを入れ、パンチやヒザにつなげていく。最後の最後でレイジェスが組みついたが、ケージにイ・ミングを押し込んだところで初回が終了となった。

2R、イ・ミングは引き続き蹴りからパンチへのコンビネーションを見せプレッシャーを強める。ローの餌食になり続けるレイジェスが、そのローに左を合わせて蹴りもキャッチしようと試みるように。盛り返してきたレイジェスも手数が増える。イ・ミングはハイキックをキャッチされたが、打ち下ろすようなヒジでレイジェスの額をカットさせ、ヒザ蹴り、組んでエルボーを連打する。鮮血が流れるレイジェスも縦ヒジを返して組みつくが、離れたところで右ローを受けてついにダウン。

ローを蹴ってスタンドで待ち受けたイ・ミングは、右アッパー。レイジェスの組みを防いで、右ロー。再び崩れたレイジェスを見て、レフェリーが試合を止めた。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie