この星の格闘技を追いかける

【Gladiator001】ユ・ジェナムと対戦する辻川凌平<02> 「普通に勝つ。それだけっす」

Ryohei Tsujikawa【写真】ROAD FC KOREA出場経験のある辻川、現ROADのフライ級ファイターのユ・ジェナムにどのような戦いを見せるか (C)GLADIATOR

19日(日)に和歌山市の和歌山ビッグホエールで開催されるGladiator=リニューアル大会「Gladiator001」でユ・ジェナムと対戦する辻川凌平インタビュー後編。

ちょっとした機会で始めた格闘技に目覚めた辻川がユ・ジェナム戦について語った。
<辻川凌平インタビューPart.01はコチラから>

――辻川選手はもともと総合格闘技YJで格闘技を始めて、創道塾で練習するようになったんですよね。

「はい。前のジムには1年半くらい通ったんっすかね。それから創道塾で練習するようになりました。ジムを変わる時にキックのジムとか幾つか見に行ったんですけど、創道塾はボクシングとかレスリングをやっている地力が強い選手が多くて、ここやったらいい練習が出来るな思って決めました。あとは創道塾で練習するようになって、自分の頭で考えるようになりましたね」

――辻川選手はMMAのトレーニングをする上でどんなことを意識しているのですか。

「一番は自分自身の動きをよくすることですよね。理想は何にしてもこだわりすぎないってことかな」

――例えば好きなMMAファイターや参考にしているファイターはいますか。

「ドミニク・クルーズですね! ああいうハチャメチャな戦い方は面白いじゃないですか。綺麗に戦うもの同士が戦ったら、技術がある方が勝つと思うんですけど、ああいうハチャメチャな方が見ていて面白いですよね。何が起こるか分からんし」

――そして今大会ではROAD FC対抗戦/ Gladiatorバンタム級王座決定戦としてユ・ジェナムと対戦することが決まりました。試合が決まった時の心境はいかがですか。

「いやぁ、特に何も思わんって感じですね。韓国人の名前を聞いても誰か分からんし、読み方とかも難しいじゃないですか(笑)。だから相手を聞かされても…です」

――いつもあまり相手のことは気にしないタイプですか。

「あんまり気にしないですね。相手の動きをちょっと見て考えるくらいです」

――例えば試合が決まってから、多少は相手のことを調べたりはしましたか。

「うちの会長がこれまでの試合結果を見せたくれたくらいです(笑)」

――文字での情報以外のデータはなしということですね(笑)。では創道塾の櫻井裕一郎代表がイベントを開催していくことになった新生グラジエイターで戦うことについてはどう感じていますか。

「これからは僕らが頑張っていかないとあかん感じかなと思いますね。僕らも段々強くなっていくんで、それに合わせて強いやつらとやっていきたいし、それでグラジエイターそのものが大きくなっていったらいいですよね」

――大会と共に強くなっていきたいという想いがあるんですね。

「僕はそうっすね。責任じゃないですけど、うちの会長がやっている大会なんで、ここは僕たちが頑張らないと」
――辻川選手は格闘家としてどんな目標を持っていますか。

「強いやつとやりたい。それだけっすね。弱いやつとやるのにわざわざ減量するのしんどいじゃないっすか(笑)」

――どうせ減量するなら強いやつとやった方がいい、と。

「はい(笑)。それに弱いやつとやっていたら、見ている人も分かるじゃないですか。『こいつ、弱いやつとやってる』って。だったら強いやつとやって面白い試合をした方がいいっすよ」

――例えば舐められたくないというのは格闘技を始めた時からずっと変わらないのでしょうか。

「ただの負けず嫌いなんでしょうね(笑)。もちろんアイツ弱かったと言われるのは本当に無理やし、それはもう地元でどうこうの話じゃなくて、格闘技の中で強いやつとやって勝てたら…ってとこですよね」

――では新生グラジエイター旗揚げ戦ではどんな姿を見せて勝ちたいと思いますか。

「勝つのは絶対ですけど、相手の打撃を一発ももらわずに普通に勝つ。それだけっす」

■ Gladiator001対戦カード

<グラジエーター・ウェルター級王座決定戦/5分3R>
レッツ豪太(日本)
中村勇太(日本)

<グラジエーター・フライ級王座決定戦/5分3R>
南出剛(日本)
原猛司(日本)

<グラジエーター・ライトフライ級王座決定戦/5分3R>
谷口友康(日本)
ヤックル真吾(日本)

<グラジエイター武士道フェザー級選手権試合/5分3R>
[王者] 大道翔貴(日本)
[挑戦者] 手塚基伸(日本)

<ROADFC日韓対抗戦&グラジエーター・バンタム級王座決定戦/5分3R>
辻川凌平(日本)
ユ・ジェナム(韓国)

<ROADFC日韓対抗戦・ウェルター級/5分2R>
黒田好治(日本)
キム・ソクモ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
辻川力也(日本)
鈴木崇豊(日本)

<フェザー級/5分2R>
渡辺智史(日本)
川端和哉(日本)

<フェザー級/5分2R>
吉野剛腕タイキ(日本)
伊藤風童(日本)

<フライ級/5分2R>
横溝和也(日本)
前田慎次郎(日本)

<バンタム級/5分2R>
草信孝謙(日本)
矢野悠祐(日本)

<バンタム級/5分2R>
中澤伸悟(日本)
山口翔(日本)

<フライ級/5分2R>
加マーク納(日本)
宮城友一(日本)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie