この星の格闘技を追いかける

【UFC FO19】初回のピンチを乗り切ったフェレイラがバンボゼをTD&トップコントロールで下す

<ミドル級/5分3R>
セザール・フェレイラ(ブラジル)
Def.3-0:29-27.29-28.29-28
オルワレ・バンボゼ(米国)

左ローを入れたバンボゼ、フェレイラはメイアルーアからするどい左ローを蹴り返す。ショートの連打でバンボセが前に出るもフェレイラがガードを固まる。しかし、続くショートの連打をガードの合間から入れられ動き落ちたフェレイラは、メイアルーアの蹴り終わりに右フックを受けてダウン。パウンドを連打するバンボゼは抑えにかかると、フェレイラが立ち上がりダブルレッグでテイクダウを奪う。逆に重い左のパウンドを落としたフェレイラだが、そのパウンドを避けたバンボゼがスタンドに戻る。

攻め疲れか、動きが少なくなったバンボセはパンチも勢いがなくなっている。ファレイラも動きが慎重になる。そのフェレイラはテイクダウン狙いで足を滑らせるようにガードを取り、そのままラウンド終了となった。

2R、飛びながらサイドキックを狙ったバンボゼ。直後にフェレイラがダブルレッグでテイクダウに成功する。キャリア初の2Rを迎えたバンボゼは、ガードからエルボーを繰り出すが立ち上がることはできない。返り血で上半身が真っ赤に染まったフェレイラのトップが続く。バンボゼはケージを掴んで注意を受ける。頭を中に向けたフェレイラは左エルボーを連続で落とし、右エルボーにつなげる。ガードの中からエルボー、そしてパウンドを連打したフェレイラがこのラウンドをモノにした。

最終回、口を開き肩で息をするバンボゼが構えを変えて距離を取る。待ち受けるフェレイラはまたもカポエイラ流のマイアルーアを狙う。バンボゼは前蹴りからフェレイラのテイクダウンのタイミングで右アッパーを繰り出す。と、バンボエの蹴りに合わせて組み付いたフェレイラがテイクダウン。背中を向けた立ち上がったバンボゼが離れる。フェレイラは左ストレートから続く左ハイは空振りも、ダブルレッグでバンボゼの背中をマットにつかせることに成功する。左のパンチを落としたフェレイラはエルボーからパンチを落とし、自ら立ち上がる。残り10秒、バンボエは攻撃を見せないまま試合を終えた。

結果、フェレイラが3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie