この星の格闘技を追いかける

【UFN85】前に出るピアソンが、回ってカウンターのラプリーズからスプリット判定勝ち取る

<ライト級/5分3R>
ロス・ピアソン(英国)
Def.2-1:30-27.29-28.28-30
チャド・ラプリーズ(カナダ)

互いにジャブを伸ばし、ラプリーズが右ロー、ピアソンが左ハイを軽く見せる。ラプリーズの右ストレートをきれいにダッキングでかわすピアソンは左ジャブから左ローを入れる。ガードの上から左ハイと、リズムに乗ったピアソンが手を出し続ける。ラプリーズは左ジャブで止めて、右ハイを繰り出す。ピアソンは左ローを続け、左フックへ。ラプリーズの左右のハイをしっかりと防ぎ、ロー以外の攻撃をほぼ封じ込むピアソン。しかし、残り20秒を切ってラプリーズがワンツーをヒットさせ、右ハイをあわやというタイミングで見せ2Rに光明を見出したか。

2R、引き続き左ローを蹴り込むピアソン。左ボディストレートは当てるが、ラプリーズが右ローを返す。右ミドルハイでピアソンの上体を上げるラプリーズは、続いて右ロー。前に出てクロスなどカウンター狙いのピアソンをラプリーズは前蹴りで突き放す。それでも前に出たピアソンが右ボディフック、右ストレートを打ち込む。直後にラプリーズは右ハイを蹴って、ペースを譲り切らない。ラプリーズのジャブにピアソンが右フック、そして右ストレートを入れて前に出る。ラプリーズの方がカウンター狙いのような試合展開になると、ピアソンが重い左ローを蹴り込む。ピアソンはアウトに出て左フック、距離が詰まると左ローを決める。ラプリーズは右ハイ、ミドルハイと2つ返し、両者が右を振るい合ったところでタイムアップに。

最終回、得意の左フックをピアソンがまず見せる。さらに左ローに繋ぎ、左ジャブで前に出る。左右に回るラプリーズはジャブで間合いを取ることができない。パンチの打ち出しに合わせて角度をつけるラプリーズ、ピアソンは右ローを蹴り込む。左右に回るステップ、時折りカウンターが届くが、ピアソンの前進を止める攻撃がないと、プレッシャーを掛ける方が有利になる。重い右ローのピアソンに、ラプリーズがエルボー。組み付かれても右エルボーを入れて離れる。

最後はラプリーズがスピニングバックフィスト&バックキック、ピアソンが飛びヒザと派手な技が飛び交った緻密な打撃戦。基本回りながらも攻撃を纏めることがあったラプリーズの攻撃がどのように判断されるか。結果、ピアソンがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie