この星の格闘技を追いかける

【RFC26】上野藤士、ヤン・ジェウンの前進とトップコントロールに判定負け

<フェザー級/5分2R>
ヤン・ジェウン(韓国)
Def.3-0
上野藤士(日本)

1R、上野がサークリングから左ジャブ。ヤン・ジェウンが距離を詰めて左フック。そのままケージに押し込む。ケージを背にした上野の右ヒザがヤン・ジェウンの下腹部をとらえ、試合は一時中断される。再開後、上野はサークリングを続けるが、ヤン・ジェウンがケージへ押し込み、上野はヒザを挟み入れて脇を差させない。離れたところで上野は左ジャブ、ヤン・ジェウンは右クロスを合わせ、左フックで追撃する。上野が首相撲から引き込もうとするも、ヤン・ジェウンは付き合わず。ブレイク後、上野の右ストレートがヒットするが、すぐにケージへ詰められてしまう。ケージ際でパンチを繰り出すヤン・ジェウン、終了間際に左フックで上野の腰を落とさせた。

2R、半身に構える上野に対し、ヤン・ジェウンはプレッシャーをかけ、ジリジリとケージに詰めていく。上野は反転し足を取りに行くも、ヤン・ジェウンはバックステップでカットする。ヤン・ジェウンがケージに押し込むと、上野はアームロックで切り返そうとする。しかし、腕を取られたままでヤン・ジェウンは上野の首に左腕をかけ、チョークを狙う。上野は引き込むも、ヤン・ジェウンに腕を抜かれ、トップを奪われてしまう。グラウンドでは動きが止まってしまいブレイク。再開後、組みついてきたヤン・ジェウンの右腕を取りながら引き込む上野。下からアームロックを狙うが極まらず、またもブレイクに。その後、上野は足を使い、ヤン・ジェウンが追うという展開が続きタイムアップとなった。

結果、常に前に出続け、グラウンドでもトップをキープしていたヤン・ジェウンが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie