この星の格闘技を追いかける

【UFC192】ラシャド・エヴァンス、ライアン・ベイダーを切り崩せず0‐3で判定負け

<ライトヘビー級/5分3R>
ライアン・ベイダー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ラシャド・エヴァンス(米国)

低い姿勢のエヴァンスに左ハイから左ローをベイダーが蹴り込んでいく。エヴァンスは左ジャブ、ベイダーは右オーバーハンドを合わせようとし、フェイクを交えて打撃で距離を詰める。スピードでもエヴァンスを上回るベイダーが左ミドル、テイクダウン狙いはエヴァンスがスプロールする。ベイダーは左ジャブを届かせ軽快に動くと、エヴァンスのフックにはしっかりと距離を取る。引き続きジャブを伸ばすベイダーに対し、エヴァンスがワンツーから組みにいくが、これでも対処されテイクダウンを取れない。終盤は待ちの態勢が多かったが、ベイダーが初回を取ったか。

2R、初回と同様に左ジャブを伸ばすベイダーが、左フックをヒットさせる。ベイダーはサウスポーからサイドキックを入れ、オーソに戻す。エヴァンスも左ミドルを返すが、パンチは届かずニータップでテイクダウンを奪われる。バックを譲って立ち上がったエヴァンスだが、ベイダーは後方への投げでもう一度エヴァンスの背中をマットにつけさせる。続くスクランブルから両者は距離を取り直し、エヴァンスがプレッシャーを強め右ロングから組みへ。すぐに離れるとベイダーは右ローを前足に受ける。左ミドルを返したベイダーは息が荒くなってきた。体が伸びがちなベイダーに右を打ち込んだエヴァンス、シングルレッグから組みにいきショートフック。これはクリーンヒットしなかったものの、ポイントは微妙だがエヴァンスが盛り返すラウンドとなった。

最終回、右オーバーハンド&左ジャブを伸ばすベイダー。エヴァンスもワンツーを返す。中盤にベイダーが左ミドルを決めた以外は、クリーンヒットがなく手数も少ない展開に。エヴァンスはワンツーから組んでテイクダウンを狙うも、低い姿勢を維持できない。ベイダーは右エルボーを入れてから離れ印象点を稼ぐ。エヴァンスも左ハイを返すが、左ジャブと左フックを受け、残り30秒にダブルレッグで尻餅をつかされる、最後もハイクロッチで攻めたベイダーが、エヴァンスを押し切った形にタイムアップに。結果、フルマークでベイダーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie