この星の格闘技を追いかける

【Grandslam】マッチョ〝ザ”バタフライが蹴り上げ、左のパンチで江泉に判定勝ち

Butterfly【写真】下になっても蹴り上げを2発決めたバタフライ、これがスコア的に大きかったか(C)MMAPLANET

<ストロー級/5分3R>
マッチョ〝ザ”バタフライ(日本)
Def.2-0:29-27, 29-27,28-28
江泉卓哉(日本)

ローを蹴り合う両者。江泉の方が数は多いが、マッチョ〝ザ”バタフライも適格に返し左ジャブを伸ばす。右ローを同士打ちが幾度となく見られる。江泉は前蹴り、マッチョ〝ザ”バタフライはジャブで距離を掴もうとし、最終的にローを相手に当たる展開が続く。マッチョ〝ザ”バタフライの足を取ってテイクダウンを狙った江泉だが、ギロチンのようにがぶられヒザを頭部に受けそうになる。離れた両者、リーチに優るマッチョ〝ザ”バタフライはパンチへ、江泉はラウンド終盤までローを見せた。

2R、江泉が左ミドルから右ロー、さらに左ローを散らすとマッチョ〝ザ”バタフライの左足を取ってテイクダウン。マッチョ〝ザ”バタフライはハイガード、腰を切ってデラヒーバから蹴り上げを狙う。足首を取りに来た江泉の顔面に蹴り上げを2発入れたマッチョ〝ザ”バタフライは、右足を取った状態でハイガードから三角やオモプラッタのような仕掛けを見せる。

ブレイク後、試合がスタンドに戻ると再びローの蹴り合いのなった両者。マッチョ〝ザ”バタフライのミドルをキャッチした江泉がテイクダウンを狙うが、ここもギロチンでしのいだマッチョ〝ザ”バタフライがスタンド戦でジャブから右ストレートを伸ばし終盤は距離をコントロールした。

最終回、マッチョ〝ザ”バタフライは左ジャブと左フックを伸ばすと、江泉はやはりローキックだ。左フックをクリーンヒットさせたマッチョ〝ザ”バタフライは、江泉の前進に左フックを外から決める。江泉も右ミドルハイで蹴って距離を詰めようとするが、左を被弾する数が増えていく。しかし、江泉はショートの左フックを入れて、一瞬マッチョ〝ザ”バタフライが動きを止める。主導権を譲らまいと打ち合いに応じたマッチョ〝ザ”バタフライ、ここで江泉のローが急所に入り試合は中断する。

再開後、打撃戦のなかで江泉の左ハイがマッチョ〝ザ”バタフライの顔面をかすめた直後、右目を抑え背中を見せてしゃがみこむ。蹴りで指が目に入り、これがサミングと判断されドクターチェックが入る。江泉にサミングのイエローが与えられたが、これは気の毒。再開後、最後の30秒で前に出る江泉だが効果的なパンチがなく試合はタイムアップに。判定負けを喫した江泉、減点がなくてもスコア的にはスプリットで敗れていた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie