この星の格闘技を追いかける

【UFN71】ペナルティ挽回し、ジョバーンがドワイヤーとの打撃戦を制す

<ウェルター級/5分3R>
アラン・ジョバーン(米国)
Def.3-0:29-27,29-27,29-27
マット・ドワイヤー(カナダ)

ジョバーンは左ミドル、フックを返すリーチ&身長で優るドワイヤー。ドワイヤーは前蹴りで距離を取り、ジョバーンが突っ込んできたところで右を打ち込みダウンを奪う。すかさずテイクダウンで難を逃れたジョバーンがトップで息を整えスタンドへ戻る。ジョバーンは組みに行くとドワイヤーをケージに押し込む。粗いフックを振るいながら離れたジョバーンのガードの上からドワイヤーが右ハイを蹴っていく。

ジョバーンも左ミドルを返し、左ミドルから前に出て右フックでダウンを奪う。しかし、ドワイヤーの左ヒザがマットに着いている状態で右ヒザを顔面に入れてしまう。この一発でペナルティ、1P を失ったジョバーンは前蹴りを受けて吹っ切れたかのように左フックを打ち込む。ここで初回が終わり、イーブン、もしくはドワイヤーの2Pリードとなった。

2R、右ストレートから左フック、さらに離れて右フックを放つドワイヤー。ジョバーンは左ストレートを返す。キレのある左ミドルを入れたジョバーンは続いて、左ハイを軽い当たりだがヒットさせる。さらに右クロスを入れたジョバーンは、ドワイヤーのダブルレッグをスプロールし左ミドルをまたも決める。積極的な姿勢で自分の距離で戦うジョバーンがケージ際で右エルボーを放つ。さらにドワイヤーの前進に左ハイを入れてダウンを奪うと、ドワイヤーの腕十字を逃れスタンドへ。起き上がったドワイヤーは右フック、一瞬動きが止まったジョバーンだが、左ボディでドワイヤーを後退させる。残り10秒、左手をマットに着きながら右ハイを入れたジョバーンがビッグラウンドとした。

最終回、ワンツーからローで前に出るジョバーン。ドワイヤーも打ち返しに来ると左フックをヒットさせる。ジョバーンは左ミドルも、残り2分をとなり、互いが慎重になる。下がりながら右ハイ、続いて右エルボーを見せたドワイヤーだが、直後にフックの応酬となったところでテイクダウンを許してしまう。トップを取ったジョバーンはキムラロックにもトップをキープし右の拳をボディに落としていく。キムラを解いたドワイヤーのボディにジョバーンがヒザを入れ、パウンドを連打。最後にスタンドに戻ると、再び手を着いてハイキックを狙う。これは失敗し、最後はガードワークを強いられたジョバーンだが、ジャッジ3者とも29‐27を付けた判定勝ちをもぎ取った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie