この星の格闘技を追いかける

【UFN70】スクランブル発進で体力消耗もブスカペ・シウバ、しっかり勝ち切る

<174ポンド契約/5分3R>
レアンドロ・ブスカペ・シウバ(ブラジル)
Def.30-27,30-27,29-27
ルイス・ゴンザレス(米国)

ショートノーティス出場で体重オーバーのゴンザレスに対し、シウバが旋回性の高い左ハイを見せる。右目尻を掠めたか、うっすらと血がにじむゴンザレスをダブルレッグでテイクダウンしたシウバだが、ゴンザレスが股をすくってリバーサルへ。立ち上がったシウバが左ミドルを蹴り込む。もう一発左ミドルを受けたゴンザレスがテイクダウンへ。背中を付けたシウバはヒールフックを仕掛けるも、体を捻ってエスケープしたゴンザレスがトップをキープする。腕十字を防がれたが、シウバは蹴り上げからスタンドへ戻る。後ろ回し蹴りからヒザ蹴りを入れたシウバだが、ここにテイクダウンを合わされ判断が難しいラウンドとなった。

2R、引き続き切れのある左からの蹴りを見せるシウバに対し、ゴンザレスは四つ組みになってケージに押し込む。左右のフックを放って離れたゴンザレスを逆にシウバはケージに運び、ボディロックからテイクダウンを狙う。ダブルレッグに切り替え、大きくゴンザレスを持ち上げたシウバがテイクダウンに成功。バックに回ろうしたシウバの左ワキに手を回し、これを許さなかったゴンザレスが、前方に落としスクランブルに。試合がスタンドに戻ると、ゴンザレスのシングルレッグを切ったシウバがバックから一気にRNCを狙う。手首掴んで防いだゴンザレスだったが、この回はシウバのモノとなった。

最終回、左ジャブをダブルで入れたシウバが組みつく。ケージ際に体を入れかえ合う両者が離れる。下がりながら右ショートを入れたシウバが、左ミドルから右ジャブを伸ばすと、ゴンザレスも左ミドルを返す。両者揃って動きが遅く荒くなるなか、シウバがワンツーからヒザを蹴り込む。ヒザをマットについたゴンザレスのバックに回ったシウバはRNCへ。乗り過ぎで落とされたシウバの腕十字を防いだゴンザレスが胸を合わせてトップを奪う。ゴンザレスがパウンドをまとめると、シウバがヒールへ。足を抜いたゴンザレスがバックを取るが、残り5秒を切ってなおワキをくぐったシウバがバックを取り返す。ここでタイムアップとなり、シウバが判定を勝ち取った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie