この星の格闘技を追いかける

【Legay FC42】ステップを多用し過ぎたンジョグアニに落とし穴。クェイヘーゲンに敗れる

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・クェイヘーゲン(米国)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
アンソニー・ンジョグアニ(米国)

プレッシャーをかけるンジョグアニが、左に回るクェイヘーゲンに左ローを入れる。USKAという組織の空手王者クェイヘーゲンがサイドキックを見せる。クェイヘーゲンの左ミドルに、ンジョグアニは右ローを蹴り込む。続くクェイヘーゲンの大振りのパンチをかわしたンジョグアニは、勢いのある右アウトローを入れる。クェイヘーゲンはサイドキックを顔面にヒット、続く右フックでンジョグアニの動きが止まる。

クェイヘーゲンの構えを変えてからのサイドキックにリーチ・アドバンテージを使えないンジョグアニだが、足払いでクェイヘーゲンを転がす。クェイヘーゲンのオーバーハンドに対し、ンジョグアニがカウンターを狙うも距離が近すぎてクリーンヒットしない。と、クェイヘーゲンがダブルレッグでテイクダウンに成功、すぐに起き上がったンジョグアニだが、最後にもサイドキックをボディに受け初回を失った。

2 R、前蹴りとサイドキックの交換のあと、クェイヘーゲンが右ロングを狙う。ンジョグアニは左ミドル、クェイヘーゲンは掛け蹴りを繰り出す。距離とタイミングが掴めないンジョグアニのパンチが大きくなってくる。もともとパンチの振りが大きいクェイヘーゲンは、小刻みに構えを変えて戦うも、手数が少なくなっている。積極的に前に出るようになったンジョグアニがスピニングバックキック。これは距離が合わなかったが、足払いからテイクダウンを奪うとクェイヘーゲンの立ち上がり際にヒザをボディに突き刺す。最後に右を打ち合った両者、ンジョグアニが2Rを取り返した。

最終回、ンジョグアニのハイをかわしたクェイヘーゲンがローを入れる。慎重な両者、タイミングを計る様に蹴り合いが続く。と、クェイヘーゲンの左ミドルがンジョグアニの急所を掠め、試合が一時中断。再開後、右ローから左ミドルを入れたンジョグアニが距離を詰める。クェイヘーゲンの突進には角度をつけてかわし、左はミドルで前進を止めるンジョグアニ。クェイヘーゲンは組みついてドライブ、ケージに押し込むがテイクダウンを奪えない。

残り2分、続くクェイヘーゲンのテイクダウン狙いも潰したンジョグアニが、ダメージよりもヒット数で試合を優位に進める。組みが目立つようになったクェイヘーゲンはパンチ&テイクダウン狙い、足を使ってかわすンジョグアニはケージに詰まってもヘッドスリップで防御に徹する。最後は回り過ぎかと思われるほど、ステップで攻撃をかわし続けたンジョグアニは、何とスプリットでクェイヘーゲンの軍門に下ってしまった。「3R、彼は途中から戦わないようになった。だから、僕についたんだと思う。再戦? それなら1勝1敗のコズモ・アレッシャンドリと決着戦がしたい」と語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie