この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL07】グリスピ、オグルに逆転の判定負け

2013.02.17

<フェザー級/5分3R>
アンディ・オグル(英国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 30-27
ジョシュ・グリスピ(米国)

いきなりワンツーを見せるオグル、左右のハイを放ったオグル。パンチが交錯するなか、テイクダウンを狙ったオグルだが、グリスピはバックを奪う。そのまま前方に落されてもガードから三角絞め、さらにオモプラッタへ。胸を合せようとしたオグルに、再び三角の態勢に入ったグリスピ。オグルはスラムで叩きつけるも、足のクラッチは解けない。

自由な左手でパウンドを落すオグル、グリスピも右手を手前に送ることができず三角を極め切れない。体重を前方に掛け、足のクラッチを解きにかかるオグル。グリスピはラバーの要領で足を引き寄せるが、この間パンチを受け続ける。ついにクラッチを解いたグリスピは、クローズドガードの状態に。キムラ狙いのグリスピ、これも防がれ下になったまま初回を戦い終える。

2R、初回同様テイクダウン狙いをかわしてバックに回り込んだグリスピだが、すぐに前方に落し逆にバックに回り込んだオグルが、バックマウントへ。パンチを後方から打ち込むオグル。ポジションを返せないグリスピ、懸命に腰をずらそうとするも、オグルはここでも素早く反応し、足を引抜いてトップへ。ハーフからエルボーを落し、グリスピが立ち上がるところで再びバックマウントへ。そのまま2Rがタイムアップに。

最終回、ワンツー、左ミドルで前に出たオグルは、豪快にテイクダウンを決めるもグリスピがギロチンへ。首を引抜いたオグルは、インサイドガードからエルボーを落す。グルスピのクローズドが続くも、体を起こしたオグルがパウンドを落す。窮屈な状態で三角狙いのグリスピを担いだオグルがパスを成功させる。

バックに回ったオグル、グリスピは立ち上がり胸を合せるも、すぐにテイクダウンを奪われる。残り40秒、そのままガードを強いられたグリスピは0-3の判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Movie