この星の格闘技を追いかける

【Bellator136】MMAに付き合ったシリングが、カルバーリョに敗れる

<ミドル級/5分3R>
ハファエル・カルバーリョ(ブラジル)
Def.2-1:30-27,29-28,28-29
ジョー・シリング(米国)

左ジャブから距離を測るシリング。サウスポーのカルバーリョはケージの前を左へ回る。カルバーリョの前進にワンツーを入れたシリングが、カルバーリョをケージに押し込んでヒザを見せるも急所へ。試合が一時中断される。再開後、シリングの右ハイをキャッチしたカルバーリョがケージに押し込んで、ボディロックからテイクダウンを狙う。ケージを背にして耐えるシリングが、体を入れ替える。すぐに押し返したカルバーリョの小内をこらえたシリングは離れて、距離を取り直した。

直後に右フックを入れたシリングは、蹴りをキャッチされると引き込みのように背中をつけ、即スイープを決めてトップを奪取する。スクランブルから試合がスタンドに戻るや、カルバーリョが右をヒット。最後はカルバーリョがシリングをケージに詰めた形で初回が終了した。

2R、ガードを下げて挑発するシリングは前に出てきたカルバーリョに左フックを入れる。組んだカルバーリョがケージにシリングを押し込むが、体を入れ替えられ逆にケージを背にする形に。細かいヒザを入れたシリングだったが、カルバーリョが低い姿勢から組み付き、ケージ中央に走り込むようにテイクダウンに成功する。

ブリッジからトップを狙ったシリングを潰したカルバーリョがハーフからパンチを落とす。続いてカルバーリョがパスからキムラを狙う。必死に腕を引き抜いたシリング、サイドを取られている状態は変わらない。引き続きカルバーリョがキムラを狙うも、背中を預けたシリングが立ち上がり、ヒザをボディに入れる。このままカルバーリョがシリングを押し込んだ形で2Rが終わり、ラウンドを取った。

最終回、シリングのワンツーにミドルを見せるカルバーリョ。シリングは右ストレートから左フックを決め、続く左のショートでカルバーリョがヒザをつく。すぐに立ち上がったカルバーリョをケージに押し込んだシリングは、残り3分半で体を入れ替えられ、ボディロックからテイクダウンを許す。シリングは足をフックせずにアキレス腱固めを仕掛け、ヒールキックを背中に落とす。強引かつ無茶な攻撃を仕掛けたシリングは、起き上がり際に再び倒されて抑え込まれる。

カルバーリョはパスから、体を捻ったシリングのバックを取る。シリングは前転でガードに戻すが、起き上がることはできない。再びパスを決めたカルバーリョが手首をコントロールして、腰にヒザを連続で落とす。このまま試合はタイムアップとなり、スプリットながらカルバーリョが順当に判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie