この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC04】HIROKO、ペース掴めず事実上の北米3連敗に

2013.01.06

<女子フェザー級/5分3R>
エジアネ・ゴメス(ブラジル)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
HIROKO(日本)

男顔、肩の回りの筋肉が盛り上がったゴメスに対し、HIROKOは左右に回り左から右を伸ばす。左ジャブを放つも、ケージに押し込まれたHIROKOはゴメスのシングルレッグでテイクダウンから、パスを奪われる。背中を預け、殴られながらも立ち上がろうとしたHIROKOは、最初のリアネイキドチョークこそ逃げるが、パウンド&鉄槌から再びリアネイキドチョークを仕掛けられる。

チョークが極まらないと見ると、思い切りパウンドを落すゴメス。HIROKOが胸を合せようとすると腕十字へ。ここを凌いだHIROKOはトップから左、右のパウンドを落す。再びゴメスは十字を狙うも、これを察知したHIROKOはワキを締めて、逆の左手でパウンドを落す。時折り胸を起こして、左右のパウンドを落すHIROKOだが、ここでブレイクを命じられ試合はスタンドへ。

左フックを受けたHIROKO、距離を取り直すも頭を振って前に出てくるゴメスのパンチを再び受ける。攻めるべきスタンドで前に出ることができなかったHIROKOは、初回を失った。

2R、口を広げているゴメスはスタミナに難があるか。右ストレートを打ち込んだHIROKOは左ジャブの数が増える。ローを混ぜて前に出るゴメス、蹴りで上体を反らすのはテイクダウンの隙を与えるために修正したいところだ。ゴメスのスタンドのパンチは見極めつつあるHIROKOだが、下がりながらのパンチが欲しい。

勢いのある右ローを見せたHIROKOは、続いて左を蹴り込む。続いて左ボディからローを蹴けりこむも、ゴメスもローからフックを振るいながら前に出る。ゴメスは豪快に左右のフックを振るい攻勢点を稼ぐ。残り1分、HIROKOは距離が掴めないような仕種を見せる。そこで前に出てフックを見せるゴメス、HIROKOがヒザのフェイントから右を狙うがクリーンヒットはなく、2Rもポイントを失った。

ポイントでは劣勢、ケージを背にした状態でなく連打を打ちたいHIROKO。右目の下をやや腫らしたHIROKOは、左ローから右ローを見せる。前に出て左ジャブをヒットさせ、右も打ち込む。ただし、ここでもゴメスが前に出るため、攻勢を握ることができない。スピニングバックフィストの距離が合わず、ケージ際に押し込まれていくHIROKO。とにかく前に出ることが必要ななか、ヒザ蹴りのフェイントから左伸ばす。ジャブの次が欲しいHIROKO、彼女が左に回ると、ときにゴメスは、体を開いて左フックを見せるので、そこで右クロスを合わせたいところだが、左から右にステップを切る動きを見せることができない。

残り2分、右フックから前に出たHIROKOだが、ここにダブルレッグダイブを合わされ、首を抱えてしまうと、テイクダウンを奪われる。立ち上がり際にバックを許しそうになったが、胸を合せたHIROKOは、左ジャブから右ストレート、さらに左ストレートを伸ばす。続くダブルレッグはワキを差したが、切りきれない。頭を押せず、背中をつけたHIROKOはケージに押し込まれた状態でタイムアップを迎えた。

最終回こそ、持ち味を発揮するシーンも見られたHIROKOだが、長身の長所を生かせず、組の対処における短所が出た形となり0-3で判定負けを喫した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie