この星の格闘技を追いかける

【ADW02】ウェイン・ローが、左ストレートで試合を支配

<ライト級/5分3R>
ウェイロン・ロー(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
マテウス・テロドルチェック(ポーランド)

対戦カードの変更が多かった今大会。オーレ・ローセンに代わり、ウェイン・ローが出場。ポーランドの新鋭テロドルチェックが前に出て右ストレートから、右ハイを見せる。ローは右フックを空振りも、テロドルチェックの右ハイに勢いのある右フックを放っていく。プラッシャーを与えるのはテロドルチェックだが、ローの左ストレートがヒットする。残り3分、ローの左ストレートで腰から崩れたテロドルチェックが、すぐに立ち上がる。ローも慎重に戦いラッシュはしない。

ローの左がテロドルチェックの顔面を撃ち抜く。テロドルチェックが右ミドルを入れると、ローは一瞬、動きが悪くなるもすぐにパンチで盛り返した。2R、30秒を経過したところでローの左を顔面に受けたテロドルチェックが、再びダウン、ヒザをマットにつく。ここも即、立ち上がったテロドルチェックが右ミドルを蹴り込む。ローの体ごと飛び込むような左を再び被弾したテロドルチェックが、接近戦でも左フックを顔面に打ち込まれる。積極的に手を出すテロドルチェックだが、最後も左フックを顔面に受けて試合は最終回へ。

テロドルチェックの右に、ローも右を返す。ローはボディを受けて、動きが止まったかに見えたが、左を打ち込み立て直す。接近戦のなかで左ストレートを勢いよく打ち込んでローだが、テロドルチェックのボディを受ける。ハイも顔面を掠り、動きが落ちながらも要所でパンチを入れ、最後はトップで試合終了を迎えたローがフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie