この星の格闘技を追いかける

【PXC47】矢地、2Rのピンチを乗り越えてTKO勝利でフェザー級王座獲得

Yachi vs Kim Jen-Yong【写真】「ここでスタミナが切れてもしょうがない」という覚悟で、ラッシュを掛けた矢地祐介がTKO勝ちでPXCフェザー級王座を奪取。連続判定勝ちは『9』で途絶えた(?)(C)MMAPLANET

<PXCフェザー級選手権試合/5分5R>
[挑戦者] 矢地祐介(日本)
Def.3R by TKO
[王者] キム・ジャンヨン(韓国)

お互いサウスポーの両者、矢地はジャブを伸ばしてインローと左ストレート。組みついたジャンヨンは四つ組から後方に投げるようにテイクダウンする。矢地はガードからオモプラッタを仕掛けつつ、ラバーガードの形を作ろうとする。ケージ際まで移動し、背中を預けて立ち上がる矢地。ジャンヨンは矢地の左ミドルをキャッチして、そのままテイクダウンを狙う。ケージ際で四つ組の攻防になると、ジャンヨンが足技を見せつつダブルレッグを交えてテイクダウンを狙う。

両者の距離が離れると、矢地はジャブと左ストレート、ジャンヨンも左のロングフックを繰り出す。再び矢地の蹴りをキャッチしてケージまで押し込むジャンヨン。矢地は態勢を入れ替えると意表をついたバックハンドエルボー。これは不発に終わり、ジャンヨンが矢地をケージに押し込んだ状態でラウンド終了となった。

2R、矢地が左ストレートで前進。ジャンヨンも右フックを返すが、矢地が距離をとってジャブを当てる。ジャンヨンは左ローと右の前蹴り。矢地はパンチから左ハイキックにつなげる。さらに矢地は蹴りのフェイントから左ストレートを当て、左ミドルとジャブ・右フック。プレッシャーをかけてくみつくジャンヨンは得意のキムラロックから腕十字へ。左腕が伸びたかに見えた矢地だが、身体を反転させて腕を抜いて、このピンチを脱出する。

試合がスタンドに戻ると矢地はジャブと左ストレート、ジャンヨンはバックブローを狙うがスピードがない。逆に矢地はコツコツとジャブを当てて、的確に左ストレートを当てる。

3R、矢地が左ストレートと左ハイ。ジャンヨンのパンチをバックステップでかわしてジャブと右フック、左ストレートを顔面とボディに打ち合分け、飛びヒザ蹴りから左ストレート。これでジャンヨンが後退し、矢地はヒザ蹴りの連打から猛ラッシュし、ケージを背負うジャンヨンに左右のパンチを打ち込む。ジャンヨンがガードを固めて動きが止まったところでレフェリーが試合をストップ。2Rにあわや一本負けのピンチを迎えた矢地だったが、最後は左ストレートからのラッシュで勝利をもぎ取った。

ベルトを腰に巻かれ、喜びを爆発させた矢地は「(タイトル挑戦は)来て当然だろうと思っていて、自分の力に自信を持っていました。だからそのチャンスをようやくものにしたって感じです」と喜びのマイク。「(ジャンヨンは)全部強くて、総合的に強かった。特に気持ちが強かったので気持ちで負けないようにしました」と試合を振り返り「色んな人に迷惑かけて格闘技をやっているので、応援してくれる人、家族、仲間、愛している人みんなにお礼を言いたいです」と感謝の言葉を述べた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie