この星の格闘技を追いかける

【BFC85】スパイクTV第一弾で、ライト級&フェザー級世界戦決定

2012.12.12

BFC MMA

【写真】エリート・アスリート対決となるチャンドラー×ホーンのライト級世界戦、そしてパット・カーラン×パトリシオ・フレイレ (C) KEITH MILLS

11日(火・現地時間)、ベラトールより来年1月17日(木・同)にカリフォルニア州アーバインのブレン・センターでいよいよスタートを切るSpike TV体制のBFC、その第一弾のカードが発表された。

Bellator MMAという風にスパイクでは呼称され、「このスポーツで最もタフなトーナメントが、ホーム=スパイクに帰ってくる」という宣伝文句が謳われている同大会、BFC世界ライト級とフェザー級2階級の世界戦が組まれることが決定している。

世界ライト王者マイケル・チャンドラーは、エディ・アルバレスを破り同王座を奪取し、ノンタイトルで郷野聡寛に圧勝している。ミズーリ大レスリング部出身でD-1オールアメリカンの彼に挑むのは、2004年アテネ五輪柔道米国代表のリック・ホーンだ。シーズン4ウェルター級Tでは準優勝、階級を落して挑んだシーズン6ライト級Tで優勝を果たした。

フェザー級は世界王者パット・カーランが、シーズン4優勝のパトリシオ・フレイレの挑戦を受ける。当初は8月に組まれていた一戦だが、カーランの負傷で延期となっていた経緯がある。ジョー・ウォーレンを相手に圧倒的な強さを見せて王座奪取から10カ月、カーランがようやく初防衛戦に臨む。

フレイレはチーム・ノゲイラ所属でサンディエゴのジムで練習を積んでいたことがあり、またライト級王者チャンドラーもアライアンスMMAに移ってきたこともあって、フェザー級はチャレンジャー、ライト級はチャンピオンにとってホームとなる。また、同大会ではライトヘビー級トーナメント初戦としてヘナート・ババルとロシアのミハイル・ザヤツの準々決勝が組まれることも合わせて発表されている。

■Bellator85対戦発表カード

<BFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]マイケル・チャンドラー(米国)
[挑戦者]リック・ホーン(米国)

<BFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]パット・カーラン(米国)
[挑戦者]パトリシオ・フレイレ(ブラジル)

<ライトヘビー級T準々決勝/5分3R>
ヘナート・ババル(ブラジル)
ミハイル・ザヤツ(ロシア)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY