この星の格闘技を追いかける

【UFC】ドーピング問題、会見を受けて日本人ファイターの反応<08>川尻達也「そんな世界だと思っていた 」

Tatsuya Kawajiri【写真】ドーピング問題に対しても、川尻節炸裂(C)MMAPLANET

18日(水・現地時間)、UFCが開いたドーピング問題に関する記者会見。今年の7月からランダム検査を第三者機関に依頼し、契約全選手と行うことを言明し、ペナルティも2年から4年になるという方向性にあることを発表した。

このUFCの発表を受けて、日本人UFCファイターはどのような印象を持ったかを紹介していきたい。第8 弾は3度目の網膜剥離の手術から、復帰を目指す川尻達也。ある意味、J-MMAで揉まれた猛者は、その気概を改めて知らしめてくれる言葉をくれた。

川尻達也
「正直どうでもいいです。UFCと契約した時からそういう世界だと思っていたし、その中で勝つつもりでやってきました。ただ、どうせクスリをやるならバレるなと言いたいです。テンション下がるし、生身の身体でコツコツと積み重ねている──こっちまで疑いの目で見られるのはムカつくので」

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF