この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX14】クリスドドウロウに何もさせず、TKO勝ちのタイスモフが弟の出場を懇願

<ライト級/5分3R>
マイルベク・タイスモフ(ロシア)
Def.2R0分38秒by TKO
アンソニー・クリストドウロウ(ギリシャ)

ヘンゾ・グレイシー門下のギリシャ人=クリストドウロウが、タイ在住のロシア人タイスモフと対戦。左右に動きながら左を伸ばし、右ローでクリストドウロウのバランスを崩したタイスモフは寝技にはいかず、スタンドで待ち構える。レフェリーのブレイクでスタンドに戻ったクリストドウロウだが、ローからスピニングバックキックを被弾する。タイスモフは強烈な左ミドルから左フック、右前蹴り、さらに放り投げるようにダブルレッグを決める。ここでもローを入れ、スタンドでの再開を待ったタイスモフが右ロー、スピニングバックキック、ワンツーとクリストドウロウを圧倒する。

残り2分、左ボディフックを入れたタイスモフに、クリストドウロウは何とか右ローを放つも、逆に右ローを受けワンツーを顔面に受ける。さらにタイスモフはワンツーからスピニングバックキック、ボディロックからテイクダウンへ。ここでパウンドを入れたタイスモフはクリストドウロウの足関節を防いで、スタンドへ。クリストドウロウに何もさせずタイスモフが初回を取った。

2R。ワンツーから前に出るタイスモフが、テイクダウンを防がれて引き込んだクリストドウロウにパウンドを連打する。あっという間に気を失ったクリストドウロウ。観客席が静まり返るような、圧勝劇だった。「トップへのステップだった。お願いだから、弟にチャンスを与えてほしい」とアピールした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie