この星の格闘技を追いかける

【OFC24】スタミナ切れもエイドリアン・パン、しっかりとギロチンで一本勝ち

<ライト級/5分3R>
エイドリアン・パン(豪州)
Def.3R2分15秒by ギロチン
ヴィンセント・ラトゥール(オランダ)

待望のパンのOFC初戦、対戦相手はエディ・アングを破ったラトゥールだ。小刻みのステップを踏むラトゥールに対し、ドシッと構えるパンが左ローを見せる。ローを返すラトゥール。パンは右ミドルから左フック、ラトゥールは右を返すも、逆にワンツーを被弾する。続いて左ストレートをヒットさせたパン。ラトゥールのローにパンはパンチを合わせ、離れ際に右フックを打ち込む、動きが止まったラトゥールが連打を受けつつ、フックを返すがここでテイクダウンを奪われる。

ガードを取り左手を抱えるラトゥールに対し、右のパウンドを落としたパンは左手を引き抜いて起き上がる。ここからパンは左からエルボーを連続し、残り1分になると細かい右のパウンドを落とす。左右からパンチとエルボーを間断なく入れるパン。ラトゥールは反撃に移ることなく初回が終わった。

2R、ラトゥールが飛び込んで左ジャブや右ローを入れるも、パンが左フックを打ち込む。ラトゥールの左インサイドローを受けながら前に出たパンが、右フックを2発入れる。またも右フックを入れたパン、ラトゥールの軸が乱れるようになると、簡単にテイクダウンへ。パンはサイドに回り、ヒザを顔面に入れる。足を一本戻したラトゥールだが、細かいパンチを受けて起き上がることができない

残り90秒を切り、レフェリーがブレイクを命じる。パンの左フックは空振りに。動きが落ちたように見えたパンだが、ラトゥールの前進に右フックを合わせてダウンを奪う。寝技に移行したパンが、ギロチンからダースへ移行。極めきれずヒザを頭部に入れ、立ち上がってサッカーボールキックを狙うも空振りに。ラトゥールがラウンド終了まで耐えきった。

最終回、パンは右ミドルから右ロー。ラトゥールの左ジャブにパンがダブルレッグを合わせ、テイクダウンへ。トップを取ったパンは左エルボーを落とすも、やはり疲れているかそれほど動きはない、レフェリーは早目のストップを命じ、両者がスタンドへ戻る。パンの左フックを受けたラトゥールだが、ここで初めてテイクダウンを狙い成功させる。しかし、パンはギロチンを仕掛けラトゥールはタップ。ブランクから試合勘が鈍っていたのか、疲れが見えたなかでパンがしっかりと一本勝ちでOFCデビューを飾った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY