この星の格闘技を追いかける

【RFC19】試合結果 急所に蹴り→福田力の試合不成立。TD評価された富松恵美は初陣飾る

LINEで送る
Pocket

RFC19【写真】日曜日開催に移行したのか、次回大会も12月14日(日)。タイトル戦を中心にメインカード級がズラリとならぶ20回記念大会となる模様だ(C)MMAPLANET

9日(日・現地時間)、韓国ソウルのソウル・オリンピックホールでROAD FC19が開催された。

RFC3連勝を目指し、メインでイ・ドルヒと戦った福田力は初回をテイクダウンからのトップコントロール&パウンドで試合を優勢に進めたものの、2Rに2度、攻撃がイ・ドルヒの急所に入るアクシデントで無効試合に。

富松恵美はスタンドで劣勢になりながらも、テイクダウンが評価されスプリットで判定勝ち。Young GunsでRFC初参戦を果たした松岡たけしは序盤にダウンを奪ったものの、1R3分12秒、腕十字を極められタップを強いられている。

同大会の結果は以下の通りだ。

ROAD FC 19
<ミドル級/5分3R>
― 福田力(日本)2R
NC
詳細はコチラ
― イ・ドルヒ(韓国)
<ミドル級/5分3R>
○ユン・ドンシク (韓国)3R
判定
×アミウカウ・アウベス(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○チャ・ジョンファン(韓国)3R
判定
×アレクサンドレ・バロス(ブラジル)
<女子ストロー級/5分2R>
○富松恵美(日本)2R
判定
詳細はコチラ
×ソン・ヒョギョン(韓国)
<ライト級/5分3R>
○イ・グァンヒ(韓国)2R3分15秒
TKO
詳細はコチラ
×ムン・ギボム(韓国)
<ミドル級/5分2R>
○ジョン・オジン(韓国)2R4分32秒
RNC
×キム・デソン(韓国)
<ヘビー級/5分2R>
○シム・ゴンオ(韓国)2R2分16秒
アメリカーナ・アームロック
×フレドリック・ソロン(米国)
<フェザー級/5分2R>
○ホン・ヨンギ(韓国)1R0分21秒
TKO
×ベク・スンミン(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○ハ・テウン(韓国)2R
判定
×ホ・ユン(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○タイロン・ヘンダーソン(米国)1R1分18秒
ギロチンチョーク
×ユン・ジンス(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○ソク・サンジュン(韓国)1R3分12秒
腕十字
×松岡たけし(日本)
<ウェルター級/5分2R>
○オ・ジェソン(韓国)2R
判定
×スチュアート・グッチ(英国)
<フライ級/5分2R>
○キム・ウジェ(韓国)2R
判定
×ジョン・グァンソク(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○イ・ジュンギョン(韓国)1R1分31秒
RNC
×パク・ジュンヨン(韓国)
PR
PR

関連記事

Movie