この星の格闘技を追いかける

【Bellator130】組技無し、ジャンセンがローでホーンをドミネイト

<ライト級/5分3R>
デイブ・ジャンセン(米国)
Def.3-0:30-27. 30-27. 29-28
リック・ホーン(米国)

左ローを多用するジャンセンに対し、距離を取りつつホーンが左ジャブを伸ばすという予想外の展開が続く。ジャンセンが右のローを蹴るようになると、ここにホーンがワンツーを合せていこうとするが、クリーンヒットはしない。残り1分を切って、ホーンはジャンセンの右ミドルをキャッチして右を2発伸ばすも、ダメージを残すほどの当たりではない。このままジャンセンが左ローを見せ、スタンド戦のみの初回が終わった。

2Rもジャンセンの左、そして右ローキックでスタート。前蹴りから左ミドルも見せたジャンセン、ホーンはローを封印しているのか、ワンツーを狙ってタイミングを計るような動きを続ける。左ローからワンツーを伸ばしたジャンセンは右ローへ。続く右ローにホーンが右ストレートを合わせ、ジェンセンがバランスを崩す。ホーンの踏み込みをミドルやローで止めるジェンセンが、引き続き前に出る。ホーンは蹴り終りに右を合わせるも、この選手の特長というべき点だが、パンチが単発で終るシーンが多い。ジャンセンのローにホーンが右を合わせようとする、そんな展開のままこの回も終盤戦へ。ホーンは蹴り足を掴んでも、組みの展開には移行せず、距離を取り直す。一進一退といえば聞こえは良いが、決め手を欠いたまま試合は最終回へ。

前蹴りからハイを繰り出し、続くホーンの反応に右を合わせようというジャンセンは、接近戦で首相撲へ。すぐに離れたジャンセンが前蹴りを続け、右アッパーを狙う。相手の攻撃を見過ぎか、自らの手数が少ないホーン。中盤に右ハイを見せるも、空振りしバランスを崩す。ジャンセンが足技を織り交ぜて、ホーンの攻撃を封じるままに時間が過ぎる。残り90秒、ジャンセンはパンチを3つまとめて、より拳での攻撃を増やす。全くローを蹴らないままホーンは残り1分も、ステップ重視の戦い方は変わらない。左ジャブ、右を伸ばすもジャンセンが避ける。結局、能動的な局面の打開を図ることなく戦い続けたホーンは0-3 で判定負けとなった。ヒザの負傷から復活を果たしたジャンセンは「タイトル? 僕はベラトールで7勝0敗だ。そこを見て欲しい」と語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie