この星の格闘技を追いかける

ラウジーが6戦連続の1R・腕十字勝利、ジャカレはパンチに進化見せる

2012年8月18日(土・現地時間)、米国カリフォルニア州サンディエゴのヴァレービューカジノ・センターで開催された、Strikeforce「Rousey vs. Kaufman」。メインイベントでは、ストライクフォース女子バンタム世界選手権試合が行われ、王者ロンダ・ラウジーと、挑戦者サラ・カフマンが対戦した。

2008年の北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストで、MMA転向後は、5試合全てを1R・腕十字で勝利している、アームバー・クイーン=ラウジー。ストライクフォースでは、今大会でジュリー・ケッジーから一本勝ちを飾った前王者ミーシャ・テイトを3月にタイトルマッチで破っており、この日が初防衛戦となった。

対するサラ・カフマンは、元ストライクフォース女子ウェルター級王者。2010年10月、マルース・クーネンに敗れ、ウェルター級王座を失ったが、その後は3連勝。今年3月のアレクシス・デイビス戦では、壮絶な死闘を制し、大きく株を上げた。

試合は、左ジャブを振るいながら距離を詰めたラウジーが、カフマンから大内刈りでテイクダウンを奪うと、素早くマウントに移行、早くも腕十字の態勢へ。カフマンの抵抗をものともせず、その腕を伸ばすと、僅か54秒でタップを奪い、6試合連続の1R腕十字勝利&王座初防衛に成功した。

日本のHIROKOは、2度目のストライクフォース参戦、オランダのストライカー=ジャーメイン・デランダミーと対戦した。昨年12月、ストライクフォース女子フェザー級世界選手権というビッグマッチで、北米デビューを果たしたHIROKOは、クリス・サイボーグに16秒TKO負けを喫している。その後、サイボーグにドーピング規定違反が発覚し無効試合&サイボーグは王座剥奪となったが、HIROKOにとっては汚名を返上したい一戦であることに変わりはない。

その試合は、序盤からHIROKOのテイクダウン狙いを防ぐデランダミーが打撃で優勢に。終盤には、判定になると厳しいHIROKOが、相手の庭で果敢にKOを狙い、意地を見せるもタイムアップ。最後はデランダミーがフルマークの判定勝ちとなった。

また、昨年9月、ルーク・ロックホールドに敗れ、ストライクフォースミドル級王座から陥落したホナウド・ジャカレは、デレック・ブルンソンを相手に41秒・KO勝利。進化したパンチの技術をいかんなく見せつけている。全試合結果&詳細は下記の通り。

ストライクフォース女子バンタム世界選手権試合/5分5R
[王者]
○ロンダ・ラウジー
(米国)
1R0分54秒
腕十字
詳細はコチラ
[挑戦者]
サラ・カフマン×
(米国)
ミドル級/5分3R
○ホナウド・ジャカレ
(ブラジル)
1R0分41秒
KO
詳細はコチラ
デレック・ブルンソン×
(米国)
ウェルター級/5分3R
○タレック・サフィジーヌ
(ベルギー)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ラウジーャー・ボーリング×
(米国)
ミドル級/5分3R
○アンソニー・スミス
(米国)
1R3分52秒
三角絞め
詳細はコチラ
ルムンバ・セイヤーズ×
(米国)
ライトヘビー級/5分3R
○オヴァンス・サンプレー
(ハイチ)
3R0分27秒
TKO
詳細はコチラ
TJ・クック×
(米国)
女子バンタム級/5分3R
○ミーシャ・テイト
(米国)
3R3分28秒
腕十字
詳細はコチラ
ジュリー・ケッジー×
(米国)
ミドル級/5分3R
○アドラン・アマゴフ
(ロシア)
1R0分48秒
TKO
詳細はコチラ
キース・ベリー×
(米国)
女子フェザー級/5分3R
○ジャーメイン・デランダミー
(オランダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
HIROKO×
(日本)
ライト級/5分3R
○ボビー・グリーン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マット・ライスハウス×
(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday