この星の格闘技を追いかける

安藤がナラントンガラグへの挑戦権ゲット。辰巳&中原も勝ち名乗り

2012.06.18

【写真】挑戦者決定戦では、当初エイドリアン・パンと争う予定だった安藤だが、この日は代役ヒルを相手に、安定した戦いぶりで見事な勝利を挙げた (C) LFC

2012年6月16日(土・現地時間)、マカオ・グランドハイアットでは、Legend Fighting Championship 09が開催され、そのメインイベントでは、ライト級王座挑戦者決定戦として安藤晃司とロブ・ヒルの一戦が組まれたほか、日本から辰巳豪人、中原太陽が参戦。それぞれパット・クローリー、ジョ・ナンジンと対戦した。

アジアに活躍の場を求めて4戦目、ついにタイトル戦につながる試合を迎えた安藤は、序盤こそヒルと互角のスタンドを展開するも、2Rからギアを上げたかのような動きを見せるや、パンチと足払いのテイクダウンで終始優勢に。最後は3-0で判定勝利を挙げ、王者ジャダンバ・ナラントンガラグへの挑戦権を手にした。

また、中原はジョ・ナンジンとのバンタム級王座決定トーナメントに臨むと接戦をスプリットの判定勝ち。反対ブロックを勝ち上がったヤオ・ホンガンとの決勝戦へと駒を進めた。さらにミドル級戦に登場した辰巳は、クローリーを相手に投げからトップを奪い、上をとられても取り返すなど、テイクダウン+トップコントロールでジャッジ3人が29-28をつける、嬉しいLFC初勝利。今大会では日本人3選手が揃って勝ち名乗りを挙げた。

ライト級/5分3R
○安藤晃司
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ロブ・ヒル×
(豪州)
ウェルター級/5分3R
○リ・ジンリャン
(中国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ダン・ポーリング×
(豪州)
ライト級/5分3R
○デミアン・ブラウン
(豪州)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ウ・ハオティエン×
(中国)
バンタム級王座決定トーナメント/5分3R
○ヤオ・ホンガン
(中国)
1R1分38秒
TKO
詳細はコチラ
アウグスティン・デラルミーノJr ×
(フィリピン)
ミドル級/5分3R
○辰巳豪人
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
パット・クローリー×
(ニュージーランド)
バンタム級王座決定トーナメント/5分3R
○中原太陽
(日本)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョ・ナンジン×
(韓国)
サンシティカップ・バンタム級/5分3R
○ジ・シャン
(中国)
1R0分34秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
ジャック・グッダーハム×
(豪州)
フェザー級/5分3R
○ロブ・リシタ
(豪州)
3R終了
判定
詳細はコチラ
チェ・ヤンガン×
(韓国)
フェザー級/5分3R
○ダニエル・フッカー
(ニュージーランド)
1R3分44秒
TKO
詳細はコチラ
ウ・チェンジュ×
(中国)
バンタム級/5分3R
○ディエゴ・クエンカ
(フィリピン)
1R
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
ムハマド・ハニフ・ビン・ザイナル×
(マレーシア)
PR
PR

関連記事

Movie