この星の格闘技を追いかける

【UFC175】ブリメージの効率良い攻撃にドーン屈せず

2014.07.06

<バンタム級/5分3R>
ラッセル・ドーン(米国)
Def.2-1:30-27, 29-28, 28-29
マーカス・ブリメージ(米国)

右ジャブを伸ばすブリメージ、ドーンは踏み込んでワンツーを放つ。ブリメージは左ローを放ち、ドーンの右ハイはその頭のかすかに上をすり抜けていく。直後にダブルレッグを決めたドーンはパス狙いからダース、バックに回り込んでパンチを入れていく。こめかみに勢いのあるパンチを落したドーンはシングルフックからRNCの機会を伺う。両足をフックしたドーンは、ブリメージがうつ伏せになるとパンチを落す。

もう一度腹這いになったブリメージはリストを掴んでRNCを防ぐも、すぐに襷で組まれてしまう。ブリメージが胸を合わせようとすると、ドーンは自らフックを解きスタンドへ戻る。残り30秒、ドーンはハイキックで上体を反らせようとし、ブリメージも左ローからパンチを見せる。そこでタイムアップを迎え、ドーンのラウンドとなった。

2R、左右のローを走らせるブリメージ。続いて左ストレートを伸ばす。右ローに右フックを合わせられたドーンが尻餅をつき、そのまま組みに行く。スプロールしたブリメージがスタンドへ戻り、左ローを続ける。バランスを崩したドーン、ローで前足を削られ踏み込みが浅くなったか。ブリメージの左ローで、左足が大きく振り上げられたドーンは、直後にダブルレッグでテイクダウンを奪う。初回同様、バックコントロールからパンチを入れシングルフック、バックコントロールに戻りパンチを入れると、ブリメージが立ち上る。

ドーンはダブルレッグでブリメージをケージ押し込むも、スプロールされ試合はスタンドへ。引き続きブリメージが左ロー、ドーンは首相撲からヒザを突き上げダブルレッグへスイッチする。両足を取りバックに回ったドーンだが、ブリメージが足をフックされる前に後転して立ち上がる。スクランブル上手のドーンの予想を上に行く動きを見せたブリメージは、左を受けても左右のフックを返す。左ローで攻撃を締めくくったブリメージが、ラウンドを取り返したか。

最終回、ドーンの右ハイキックをキャッチしたブリメージがトップを奪うも、オモプラッタを嫌がりスタンドへ戻る。サウスポーに構えたドーン、今度は右足を左アウトサイドキックで蹴られてしまう。ドーンはオーソに戻し、右フック。しかし、左足をインサイドローで蹴られ両手をマットについてしまう。構えを変えても左ローを続けるブリメージ。ドーンは前蹴りから右ハイキック、ローを受けてもダブルレッグへ。ブリメージはスプロールし、逆にテイクダウンを狙う。ドーンのギロチンの誘いに乗らず、スタンドに戻ったブリメージの左右のフックは届かない。残り80秒、ドーンは左足を蹴られ、右ミドルを見せる。ブリメージは徹底してローとテイクダウンディフェンスを繰り返す。と、ドーンの右フックがヒット。ローを返したブリメージに、再びドーンが右フックを入れる。ロー以外の攻撃をほとんど見せず、受けから攻撃を組み立てたブリメージの省エネファイトにハマった感のあるドーンだったが、スプリットで判定をモノにし、UFC2連勝を果たした。

PR
PR

関連記事

Movie