この星の格闘技を追いかける

【UFN39】テクニカルなスクランブル制し、ラフレアーがハワード下す

2014.04.12

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・ラフレアー(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ジョン・ハワード(米国)

サウスポーのラフレアーが左ミドルを蹴り込む。続くミドルに右ボディを返したハワードだが、直後にテイクダウンを許してしまう。脇差しパスを狙うラフレアー、サイドを取ると肩パンチを入れる。マウント狙いをハワードがハーフに戻し左腕を差し上げると、ラフレアーはダースチョークへ。自ら技を解いたラフレアーがパンチを入れて、ハワードの立ち上がり際にヒザを見せる。左ミドルをキャッチされ倒されたラフレアーは、すぐに立ち上がって距離を取る。ハワードの左フックに組みついたラフレアーはケージに押し込んでヒザ蹴りから、反り投げへ。

立ち上がったハワードがシングルでケージにラフレアーを押し込むや、距離が出来ると左フックを打ちこむ。ラフレアーは左ストレートから左ハイ、さらに左ミドルを放つ。続く左ハイはブロックされたラフレアー。最後の10秒で放った左ミドルをキャッチしたハワードが腰に手を回したところで初回が終了した。

2R、左フックを打ち込んだハワードが、ボディロックからテイクダウンに成功する。ブリッジからスイープに成功したラフレアーはサイドへ。ハワードもブリッジからスクランブルの展開に持ち込み、両者が立ち上る。ラフレアーがケージにはハワードを押し込むと、2度、3度のポジションを入れ替えながら、ケージレスリングの攻防が続く。と、ラフレアーの左ヒザがモロにハワードの急所に入り、試合が一時中断。

一度は立ち上がったハワードだが、再びしゃがみ込むとドクターが呼ばれる。顔をゆがめたままのハワードは、ドクターに促されて立ち上がるが、またも座り込む。何とか試合再開に応じたハワードはすぐにテイクダウンを許し、サイドを取られる。バックコントロールのラフレアー、立ち上がったハワードはケージに押し込まれヒザをボディに受ける。

左ボディストレートを伸ばすラフレアー。組んで小外掛けてテイクダウンも、ハワードが勢いを生かして後方にラフレアーを送りやって、同体で立ち上がる。ヒザをボディに突き刺すラフレアー、離れたハワードが右アッパーを入れる。さらに左フックを入れたハワードは、タイムアップ後も急所に手をやり、苦しそうな表情を見せた。

最終回、ハワードのローでバランスを崩したラフレアーだが、直後に組みついてテイクダウンへ。ハワードのリバーサル狙いに同体で立ち上がったラフレアーが左フックを被弾する。ラフレアーのシングルレッグにスイープを合わせたハワード。ラフレアーは足を離さず、スクランブルを制してトップへ。パスからサイドに回ったラフレアー、腰を押してブリッジ、バックを譲って立ち上がろうとしたハワードがヒザ十字を狙う。ラフレアーの右足を捉えたハワードは、ヒールへ、起き上がり背中に手を回したラフレアーは、アームロック狙いを潰して、そのアームロックを支点にトップを奪う。

テクニカルなスクランブルの攻防が随所で見られた一戦は、ここでタイムアップを迎えラフレアーが3-0の判定勝ちを収めた(ロショルトの試合同様、スコアは読み上げれなかった)。

PR
PR

関連記事

Movie