この星の格闘技を追いかける

【BFC55】ビミョ~な判定でヴィラ、ロウロ下しファイナルへ

2011.10.23

<バンタム級トーナメント準決勝/5分3R>
アレックス・ヴィラ(キューバ)
Def.判定2-1:29-28, 29-28, 27-30
マルコ・ロウロ(ブラジル)

慎重に距離を取る両者。ロウロがジャブ、前蹴りを見せると、ヴィラは勢いよく踏み込んで右を放っていく。互いにステップバックで距離を取りつつ、続いて前に出て交互にローを打ち合う。スイッチから左ハイを出しかけるも、踏みとどまったヴィラ。2分を経過し、両者の距離はなかなか縮まらない。

体格では一回り大きなロウロだが、ヴィラは準々決勝で見せたKOパンチがある。残り2分強となりテイクダウンに成功したヴィラは、寝技に移行せず自ら立ち上がった。続いて左フックを振るいながら前に出たヴィラに、ロウロは右ローを蹴り込む。ヴィラも左ミドルを返すが、これは距離が合わない。


オーソだが、スイッチして左ミドルを見せるヴィラは、蹴り終りのままテイクダウンを狙っているのか。2R、スイッチを見せたヴィラだが、すぐにオーソに戻す。フェイント合戦とも表現できる展開のなか、ヴィラがテイクダウンを狙うがこれはロウロが切った。

キューバ人とブラジル人の戦いにUSAコールが起こる館内。ヴィラはロウロを中心に左へ左へとサークリングを見せ、ときおり左を打ちこんでいく。すると、右をヒットさせたヴィラが、逆にプレッシャーを与え蹴りを放っていく。

再び左回りを始めたヴィラ、続いて右へ回りロウロの正面に回り込まないよう足を使う。テイクダウンは再び失敗したヴィラに対し、ロウロもなかなか距離を詰めることができない。右フックを空振りしたロウロは、ミドルにフックを合わせていく。

勢いのある右ローを決めたロウロに、ヴィラもなかなか踏み込めない。遠い距離からパンチを振り回すヴィラだが、ロウロのミドルやローに上体を起こされてしまう。ヒザ、右ミドルを蹴り込んだロウロに対し、ヴィラの動きがやや落ちる。

最終回、ロウロがワンツーからローをヒットさせ、前に出る。ヴィラもハイを見せるが、距離が近づいてもテイクダウンはできない。ケージにロウロを押し込んだヴィラが、ここでテイクダウンに成功する。すぐに立ち上がったロウロの左ローをキャッチしたヴィラ、テイクダウンを狙いつつ、バランスを崩した状態からパンチも放っていく。

距離を取り直したロウロは右を打ち込み、さらに右を打つが、ヴィラも右を返していく。上体が乱れるシーンが多くなってきたヴィラは、姿勢を乱しつつも左フックを伸ばす。ヴィラのダブルレッグを切ったロウロが前に出て、右ローでヴィラのバランスを崩す。残り2分、ヴィラの左フックは空振りになり、ロウロが距離を詰めて右ハイを放つもこれはヴィラがブロックする。

ヴィラの左ジャブ、ロウロの右ローが交錯し、ロウロは右フックを打つ。ヴィラのテイクダウンを許さないロウロは、右インサイドローを蹴り込み、今度はアウトから右ロー。ヴィラはシングルを見せるが、足に触れるか触れないかで、距離を取り直す。

ロウロのローが目立った3R。そのロウロの右にヴィラが左を返したところでタイムアップに。ジャッジの裁定は、30-27でロウロ、29-28でヴィラ、そして29-28でヴィラとなり、同時に場内からはブーイングが起こった。

PR
PR

関連記事

Movie