この星の格闘技を追いかける

【BFC51】計量終了、ノゲイラ×ウェストあわやのシーンも

2011.09.24

24日(土・現地時間)にオハイオ州カントン・メモリアルシビックセンターで開催されるBFC51の公開計量が、23日(金・同)に現地のプロフットボール・ホールオブフェームで行われた。

BFCシーズン5バンタム級トーナメント出場選手のなかから、まずはルイス・ノゲイラが計量を終え、続くエド・ウェストが「エンタテインメントな試合をする」コメントする。すると、ノゲイラはステージ中央から左端へウェストが移動するほど、詰め寄り続けた。

マルコ・ロウロに続き、チェイス・ビービはスケールに乗り、「これから食べる時間だ。素晴らしい大会になるだろう」と一言、ロウロは言葉を発することなく、早々にステージを後にしていた。

ロウロに続き、下着を脱いで計量を終えたウィルソン・ヘイス。「これまでで一番速い、強くなった姿を見せる」とバンタム級転向初戦に向けて豊富を語った。そのヘイスと対戦するドゥドゥ・ダンタスはリミット丁度で計量を終えると、「僕はハングリーだ。勝つためにやってきた」と話し、ヘイスと肩を抱き合い健闘を称えあう。


そして、メインイベントの世界的レスラー対決。まずはアレックス・ヴィラが計量を終え、「今からでも戦いたい」と言えば、ジョー・ウォーレンは「質問はいいよ。彼が何を言ったか、聞いていたから。明日、世界で一番のレスラーが決まる」と涼しい表情で語り、BFC世界フェザー級のベルトを高々と誇示した。

■BFC51バンタム級トーナメント計量結果

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
ジョー・ウォーレン:135ポンド(61.23キロ)
アレクシス・ヴィラ:134.5ポンド(61.00キロ)

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
ウィルソン・ヘイス:135.5ポンド(61.46キロ)
エドゥアウド・ダンタス:134.5ポンド(61.00キロ)

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
チェイス・ビービ:135ポンド(61.23キロ)
マルコ・ロウロ:135ポンド(61.23キロ)

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
エド・ウェスト:134ポンド(60.78キロ)
ルイス・ノゲイラ:134ポンド(60.78キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie