この星の格闘技を追いかける

【UFC132】復調コンディット、GSPに挑戦表明

2011.07.03

<ウェルター級/5分3R>
カーロス・コンディット(米国)
Def.1R2分58秒 by TKO
キム・ドンヒョン(韓国)

プレッシャーを掛けるドンヒョンにコンディットが前蹴りで跳ねかえす。ハイキックを空振りしたドンヒョンだが、すぐにコンディットからテイクダウンを奪う。コンディットはスイープからトップを奪い返し、ドンヒョンも立ち上がって試合は再び、打撃の間合いに。

コンディットはストレートアッパーから右ハイを見せる。ドンヒョンはスーパーマンパンチを冷静に見切り、距離を詰めた。ローをドローイングし、前蹴りを見せたドンヒョンだが、コンディットの左フックを浴びる。ローを蹴り込んだコンディットは、前蹴りから右のジャンピングニー一閃。この一撃でケージに詰まって倒れたドンヒョンに追い打ちのパウンド連打。ガードもできず、ドンヒョンは白目を剥いた。

これでTKO勝ちを収めたコンディットは「2週間前に体調を崩したけど、持ち直した。ジョー・シルバ、タイトルに挑戦してもいいだろう?」と、グレッグ・ジャクソンの同門GSPへのチャレンジを口にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie