この星の格闘技を追いかける

【Challengers】ハイが判定勝利もインパクト残せず

<ウェルター級/5分3R>
ジェイソン・ハイ(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ウィン・ムルハーム(米国)

一回り大きなムルハームが左を伸ばして前に出る。ハイはサウスポーの構えから右、左ローを繰り出し、シングルレッグでテイクダウンを奪った。すぐにスタンドに戻ったムルハームにニータップからすぐにテイクダウン。ムルハームがまたも、すぐに立ち上がる。右ストレートを伸ばしたムルハームは、3度目のテイクダウンを許すと同時にヒールフックを仕掛ける。

ハイが足を引き抜くと同時に立ち上がったムルハーム。右ハイから、右ストレートを放っていくが、またも簡単にテイクダウンを許す。再びヒールから、足にしがみつくムルハームをスタンドへ逃がしたハイの左がヒットする。引き込むようにハイのテイクダウンを受けたムルハームはクローズドガードを取るも、足が開くとハイはスタンドに戻る。残り10秒を切り、5度目のテイクダウンに成功したハイだが、両者とも持ち味がハッキリし、相手の領域で戦わないため、全く噛み合わない試合となった。


2R開始早々、左手を伸ばしニータップを決めたハイ。ラバーガードを防ぎ、今度はガードの中へ飛び込む。腰をコントロールしたハイに対し、スイッチからリバーサルを狙ったムルハームだが、立ち上がった直後にまたもテイクダウンされた。ケージを蹴って腕十字を仕掛けるムルハームに、勢いのある左の鉄槌を落としたハイは、足を利かせるとすぐにスタンドへ戻る。

ハイはスタンドに戻ると、直後にテイクダウンを決める。テイクダウン+スタンドアップ・ショーが続くなか、ムルハームのシッティングガードを潰してバタフライガード、シッティングからのシングル、ダブルを切り、パウンドを一発落としてスタンドへ戻る。

続くテイクダウンに、踏ん張ることなくガードを取るムルハームにハイは腰をコントロールする。試合は同じペースのまま最終回へ。右目尻をカットしたムルハームは逆転をかけた3Rもすぐにテイクダウンを奪われる。ハイはラバーを狙われたが一本足を抜いて、ムルハームに思うような攻めを許さない。

その後も2度に渡りテイクダウンを奪ったハイが、ダースチョークへ。首を引き抜いたムルハームは、立ち上がりながらシングルを見せたがトップを奪えない。残り90秒を切り、腰をコントロールされ続けるムルハームは立ち上がることができない。バックを取りながら立ち上がったハイが、ここで豪快なスラムを見せる。

最後までガードを取るものの、仕掛けがなかったムルハーム。ハイが3-0の判定勝ちを収めたがテイクダウン以外、強いインパクトを残すことはできなかった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie