この星の格闘技を追いかける

【UFC127】福田力が理解不能な裁定に泣く

2011.02.27

■第5試合 ミドル級/5分3R
ニック・リング(米国)
Def.判定3-0
福田力(日本)

右ジャブで距離を測るリングが、左ローを継続的に繰り出す。福田も左ローを返し、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。すかさずパスを狙う福田に対し、リングは三角絞めへ。腕を送られないように対処した福田は、体を引抜こうとするが、再びリングが引き寄せる。

足のクロスを解き、後方に立ち上がろうとしたリングの動きを察知した福田が、再び抑えにかかるが、ここはスタンドに取り逃してしまう。打撃戦で先にクリーンヒットを奪ったのは福田、左ストレートがリングの顔面を捉える。打撃系のリングに対し、パンチの精度で引けを取らない福田は、左アッパーから組みついていく。


リングはここでボディにヒザを突き上げ、離れ際に左ハイ。直後のテイクダウン狙いを切って、再びヒザをボディに見舞っていく。引き続き左ローを中心に組み立てるリングに対し、福田の左ストレートがヒット。リングは右を伸ばすが、福田も前進してワンツー、アッパーからダブルレッグでテイクダウンに成功し、初回をリードして終える。

2R、左ストレートを伸ばし、リングが前進すると左のショートフックを入れる福田。ダブルレッグでリングをドライブし、近距離で細かいパンチを放つ。リングの左ハイ、ワンツーに対し、ダブルレッグを決めた福田は、立ち上がりざまにニーを蹴り上げる。逆にニーを見せたリングは、福田のパンチに合わせて左フックをヒットさせる。

ダブルレッグから首相撲、ヒザ蹴りを再び見せた福田。リングは左ローを放つが、これはカットして左を打ち返す。残り30秒、前に出た福田のダーティボクシングに対し、リングはボディへヒザを蹴り上げる。そのまま距離を取った両者、試合は最終ラウンドにもつれ込む。

逆転を信じて前に出るリングの出鼻をくじく、左フックを見せた福田。ダーティボクシングにヒザを合わされてもなお、距離をとってすかさずダブルレッグを決める。ハーフからコツコツとパンチを落す福田。スクランブルから立ち上がったリングを再びダーティボクシングで攻める。

リングの左ローに、左フックを合わせ、再びテイクダウンに成功した福田。完全に試合をコントロールしている。立ち上がったリングのシングルに対し、がぶりから崩し、再びトップを奪うとケージ際で万全のハーフガードの態勢に。残り90秒、しっかりとトップキープに専念する福田にレフェリーがブレイクを命じる。残り15秒、福田はそのまま距離をコントロールし、UFC初陣で完璧なゲームを遂行した。

ジャッジの裁定は当然、福田のものと思われたが、何と3者とも29-28でリングを支持。全く理解できない裁定が、福田から勝利を奪い取った。昨年12月のナム・ファン×レオナルド・ガルシア戦に匹敵する理解不能な裁定といえる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie