この星の格闘技を追いかける

【UFC126】グリフィン、前半の優勢守りフランクリンを撃破

2011.02.06

■第10試合 ライトヘビー級/5分3R
フォレスト・グリフィン(米国)
Def.3R終了/判定
リッチ・フランクリン(米国)

試合開始直後に、テイクダウンを奪ったグリフィン。フォレストコールをバックに、ハーフからフランクリンにパウンドを落とす。フルガードに戻したフランクリンだが、グリフィンの細かいパンチを受け続ける。右手首を掴んで、エルボーを許さないフランクリンに対し、勢いに乗って攻め続けたいグリフィンは、左手でヒジを落していく。

グリフィンはさらに左右のエルボーを重ね、フランクリンの劣勢が続く。4分半、ガードを強いられたフランクリンは、このままラウンド終了まで我慢を続け、1Rを戦い終えコーナに戻った。


2R、グリフィンの圧力に負けじと前に出ようとするフランクリンだが、スタンド戦でも体格の違いは明白だ。それでも、果敢に左を繰り出すフランクリンに、グリフィンが距離をとりなおす。直後にハイキックを放ち、そのまま組みつくと、グリフィンはバックを奪いグラウンド戦へ。後ろからパンチを落とされ、立ち上がってもすぐにヒザをつかされてしまうフランクリンだったが、再び立ち上がるとグリップを解き、向き合って距離を取る。

グリフィンの前蹴りに対し、左を伸ばしたフランクリンだが、ハイから右ストレートを受ける。劣勢が続いても勝負を諦めないフランクリンは、左ミドルから距離を詰め、左フックを放っていった。ややペースダウンしたグリフィンは、ラウンド終了前の10秒間も手を出すことなく2R終了を待った。

最終回、フランクリンは右から潜り込むように、左ストレートを打ち込むと、グリフィンも右ストレートから右ハイへ。ここで組みついたフランクリンだが、小手投げを仕掛けたところでバックを奪われそうになる。素早く立ち上がってフランクリンは難を逃れると、再び試合はスタンドの打撃戦へ。グリフィンのローに右を合わせたフランクリン。グリフィンは続けて、左フックを繰り出すが、クリーンヒットはせず、逆にフランクリンの左を受ける。

さらに左を打ち込むフランクリンは、グリフィンの攻撃をステップバックでかわしていく。しかし、残り90秒を切るとパワーで押し切るようなグリフィンのテイクダウンが決まる――と思いきや、フランクリンはトップを取り返す。しかし、グリフィンもシングルレッグからリバーサルに成功、残り10秒で二人はスタンドへ。爽やかさが売りのような両者の対戦は判定となり、結果ジャッジ3者とも29-28でグリフィンを支持した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie